ここから本文です

東京パフォーマンスドール、TIFでキラキラしたステージを披露

8/12(土) 11:31配信

Stereo Sound ONLINE

 去る8月3日に東京・新宿BLAZEでワンマン公演「東京パフォーマンスドール ダンスサミット 2017 ~Summer Glitter!~」を開催した東京パフォーマンスドール(TPD)が、翌4日から6日にかけて行なわれた「TOKYO IDOL FESTIVAL2017」のすべての日程に登場し、TPD本体はもちろん、赤の流星(上西星来+脇あかり)、ぐーちょきぱー(櫻井紗季+飯田桜子+神宮沙紀)などユニット内ユニットのナンバーでも大いに楽しませた。TPDのTIFへの登場は2014年から4年連続。

フォトギャラリーを見る

 4日、「HOT STAGE」(HOT SUMMERスタジアム)でのライヴはメンバー紹介を兼ねたダンス・ナンバー「WE ARE TPD 2」から始まり、9月13日にリリースされるミニアルバム『Summer Glitter』からの「Are you with me??」、「Glitter」、新生TPDの原点と言えるデビュー・シングル曲「BRAND NEW STORY」などを披露。

 3日の公演で初公開されてBLAZEを騒然とさせた“ぐーちょきぱー”は「ぐーちょきぱーのテーマ」にのってあらわれ、「クレイジーコースター」を熱演した。従来のTPDには決して色濃いとはいえなかった、はっちゃけた感じがこのユニットの特色といえそうだ。

 5日と6日の公演は、音楽劇「魔都夜曲」の愛知公演に出演する高嶋菜七と浜崎香帆を除く7人で行なわれた。ふたりのパートは小林晏夕や脇あかりが受け持ったが、歌い手が変わることによって、こんなに曲の印象が異なるのかと驚いたのは自分だけではないと思う。

 TPDの世界は今後、さらに幅を広げていくことだろう。そう確信させてくれるTIF出演だった。

(原田和典)

Stereo Sound ONLINE / 原田和典

最終更新:8/12(土) 11:31
Stereo Sound ONLINE