ここから本文です

原爆の投下直後、政府はどう“対策“を発表したのか かつての読売と朝日の両紙を読む

8/12(土) 17:26配信

BuzzFeed Japan

1945年8月6日に広島市に、9日には長崎市に原子爆弾が落とされた。原爆が投下された直後、政府はどのような”対策”を発表し、読売新聞(旧・読売報知)と朝日新聞はどう報じたのか。当時の東京版の紙面を読んだ。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

【写真】原爆が落とされたあと、人々はどう生きたのか

廣島で焼爆(7日・朝日)

広島市に原爆が落とされた翌日、朝日新聞が「若干の損害を被った模様」と小さく伝えた。

{六日五十分頃B29二機は廣島市に侵入、焼夷弾爆弾をもつて同市附近を攻撃、このため同市附近に若干の損害を蒙つた模様である}

翌日、両紙はその日のトップ記事として、「敵B29少數機の攻撃により相當の被害を生じたり」「新型爆彈を使用せるものの如きも詳細目下調査中なり」とする7日付の大本営発表を載せた。見出しは「B29新型爆彈を使用 廣島に少數機 相當の被害(読売)」「廣島へ敵新型爆彈 B29少數機で来襲攻撃(朝日)」だった。

初めて落とされた見たこともない爆弾。その被害の全容はまだわかっていない。

読売は「落下傘で中空爆發 家屋倒潰と火災 正義は挫けず 見よ敵の殘虐」との見出しを掲げ、「未来永劫”人道の的”の烙印を押されたもので彼の仮面は完全に剥げ落ち日本は正義において既に勝つたといふべきである」とアメリカを批判しつつ国民を鼓舞。今からできる対策として、こう伝えた。

{當局から對策の指示あるまでは従来の防空壕、横穴建設その他防空態勢の強化、疎開等を進めると共に少数機の来襲にも幾度の軽視を戒める必要がある}

一方の朝日は「落下傘つき 空中で破裂 人道を無視する惨虐な新爆彈」の見出しで、「かくのごとき非人道なる残忍性を敢てした敵は最早再び正義人道を口にするを得ない筈である」と非難。続けてこう綴った。

{対策に関しては早急に當局より指示されるはずであるが、それまでは従来の防空対策、すなはち都市の急速な疎開、また横穴防空壕の整備など諸般の防空対策を促進する要がある}

{今次の敵攻撃に見ても少數機の来襲といへどもこれを過度に侮ることは危険である}

1/4ページ

最終更新:8/12(土) 17:26
BuzzFeed Japan