ここから本文です

待機児童が約1800人で過去最多に 前年を327人上回る/千葉

8/12(土) 6:10配信

チバテレ

チバテレ(千葉テレビ放送)

 ことし4月時点での千葉県内の待機児童数は約1800人で、過去最多を更新しました。県のまとめによりますと、ことし4月1日時点での県内の待機児童は、前の年を327人上回る1787人で、2010年の調査開始以来、最多となりました。

 年齢別では、1歳児の待機児童が約1100人と最も多く、0歳児から2歳児までの待機児童を合わせると全体の9割以上を占めています。市町村別にみますと、市川市の576人が最も多く、習志野市の338人、浦安市の165人と続いています。

 県によりますと、待機児童増加の理由についていずれの市も保育ニーズの高まりに保育所の整備が追いつかないこと、保育士不足などを理由に挙げているということです。なお、県は2019年度末までの「待機児童ゼロ」を目指していて、市町村が行う保育所整備の助成や、県独自の給与加算などの処遇改善策に取り組むとしています。

チバテレ(千葉テレビ放送)

最終更新:8/12(土) 6:10
チバテレ