ここから本文です

超小型グーグルカーが世界最大規模のHOゲージを撮影。その素晴らしい画像をチェック

8/12(土) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ドイツのハンブルクにある「ミニチュアワンダーランド(Miniatur Wunderland)」は、世界最大規模の鉄道模型のテーマパーク。

【全画像つき記事はこちらから】ストリートビュー撮影車のミニチュアに搭載された超小型カメラを色付け。

巨大な鉄道模型を今までにない新しい視点から見るために、昨年、グーグルはストリートビュー撮影車のミニチュアバージョンを制作し、取り付けた超小型カメラでその内部を撮影した。実際に、Googleストリートビューで、ミニチュアワンダーランドの鉄道模型の中を見ることができる。

見てみよう。

グーグルは広大な模型の世界を捉えるために、マッピングソフトウエア会社Unilabsと協力。

ストリートビュー撮影車のミニチュアは、実は何も撮影できない。だからグーグルとUbilabsは、超小型カメラを搭載した車両を制作して走らせた。街中や......

......ミニチュアワンダーランドのレール上も。ちなみに、鉄道模型のレール全長は8マイル(約13キロ)超。

ミニチュアワンダーランドの鉄道模型は、世界最大級。世界中の有名な場所を再現したエリアを結んでいる。

ノイシュヴァンシュタイン城の近くを走るグーグルカー。

ズームアウトすると、この模型の規模が分かる。

ミュンヘンで開催される世界最大級の祭り、オクトーバーフェストの様子。ミニチュアワンダーランドには、1体ずつ手作業で色付けされた小さな人形が20万体ある。

ドイツ中部の移動遊園地を再現。

ミニチュアのストリートビュー撮影車から見た景色。

ラスベガス。

小さな車が数十台、何百体もの人形。ギャンブルに出かけよう!

まばゆいライトとミニチュアの自由の女神がなければ、ラスベガスとは言えない。

ラスベガスを後にして、向かうのはおなじみの峡谷......

グランドキャニオン! ゴツゴツした岩肌はもちろん、コロラド川で急流下りを楽しむ人も見える。

グランドキャニオンから列車に乗り、スイスを通過すると......

ハンブルクに到着! 巨大な駅、高層ビル、水路まである。

ミニチュアワンダーランドはハンブルグにある。だから、細部まで念入りに作り込まれている。

運が良ければ、通りをパレードするたくさんの人形に会える。

模型には空港もある。

離陸する飛行機も再現。

飛行機の模型が滑走路を走り、離陸......

カーテンの後ろに飛び去っていく。

もちろん、はるばるハンブルクまで来て、スイスの「キング オブ ダンス」、DJ BoBoのコンサートを見逃すわけにはいかない。

大規模なコンサートの模型を慎重に微調整し、仕上げに大仏を置く。

きっといい眺めだろう。

彼が見ている景色。2万1000体の人形が踊り、音楽を楽しんでいる。

都会から離れたければ、オーストリアのスキー場もある。

ロープウエーや気象観測用の気球も。

雪をリアルに見せるために、ガラスの細かい粒を撒いている。

最後は、架空の町Knuffingen。

人形たちがガソリン代を払い、火事に対応する様子などを1日中、見ることができる。警察や消防は、出動して火事を消そうとする!

Googleストリートビューのおかげで、直接模型を見てもおそらく気がつかないディテールまで見ることができる。

驚きの景色をもっと見るには、グーグルのストリートビューで。

Google ストリートビューのミニチュアワンダーランドはこちら。


写真:Google、YouTube/MiWuLaTV

[原文:Google built a tiny Street View car to map out one of the world's largest model cities, and the results are incredible]

(翻訳:Conyac)

最終更新:8/12(土) 12:10
BUSINESS INSIDER JAPAN