ここから本文です

リオ州ニテロイ市=早朝にスクールバスジャック=人質の2歳児2人は無事保護

8/12(土) 10:31配信

ニッケイ新聞

11日朝、リオ州ニテロイ市でスクールバスが7人組に乗っ取られ、2歳児2人が一時誘拐される(後に釈放)事件が起きた。11日付現地紙サイトが報じている。
 報道によると、このスクールバスは午後7時前にニテロイ市のバレット地区で子供を受け取るために停車していたところ、7人組の武装集団に制圧された。犯人たちは、中にいた2歳児2人を乗せたまま、移動するよう運転手に命じた。
 証言者の話によると、犯人たちはどこからか逃げてきたらしく、他の車にぶつかったりしていたが、反対側の車線に複数のスクールバスが停まっているのを見て、そのうちの1台を乗っ取ったようだ。
 バスの運転手は犯行に気づき、車内にいた子供たちを大急ぎで降ろそうとしたが、6人中、4人までを降ろした時点で犯人たちに従わざるをえなくなったという。
 バスはニテロイ市の近くのサンゴンサロ方面に向かい、モロ・ダ・ペレイリーニャのファヴェーラ(スラム)に入った。
 通報を受けた警察は7時30分にスラムに到着。8時前にスクールバスを見つけ、子供たちを無事に保護した。スクールバスも安全に域外に移されたが、逃走した犯人たちの足取りはつかめていない。

最終更新:8/12(土) 10:31
ニッケイ新聞