ここから本文です

“守護神不在”は「僕から始まっている」 ロッテ益田「何とか取り戻したい」

8/12(土) 9:34配信

Full-Count

ヒヤヒヤの場面しのぎ9セーブ目、伊東監督「よく抑えてくれた」

 4日の楽天戦で内が抑えに失敗してから、ロッテの伊東監督は調子優先で守護神は日替わりとする方針を打ち出している。11日の西武戦では、3-3の7回にルーキー有吉が4番中村を遊撃併殺打に打ち取ってしのぎ、その裏に挙げた2点を大谷、松永、益田とつないで守り切った。

各球団発表、2016-2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

「必死で頑張りました」という有吉は今季2勝目。8回2死から大谷が外崎に中前打を許すと、左の代打・栗山に対して松永を投入。代打の代打は、右の渡辺だったが、遊ゴロに打ち取った。9回は左の9番・水口からで、イニングまたぎになる松永をそのままマウンドへ。代打・木村文が出てくると「予定通りで準備していた」と益田を投入した。

 益田は木村、秋山に連打を許し、無死一、二塁で源田には二ゴロで進塁打とされて、初回、3回と2打席連続アーチを放っていた浅村を迎えた。だが、「(益田は)浅村に相性が悪いので(南に)代えようかと思ったが、益田がよく抑えてくれた。最後は冷や冷やしたが」と伊東監督。浅村をシンカーで空振り三振、4番中村も2者連続三振でピンチを切り抜け、今季9セーブ目をマークした。

「田村の意図と、自分の呼吸が合っていた。ワンバウンドで空振りをとる球、ファールをとる球のイメージをしっかり持って投げれば抑えられる」と右腕。今季は益田の守護神でシーズンをスタートしたが、失敗の連続で、現状は守護神不在。「(この状態は)僕から始まっている。何とか取り戻して、落ち着くようにしたい」と汚名返上を誓っていた。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

最終更新:8/12(土) 9:34
Full-Count