ここから本文です

イグアイン選外でも“怪物”揃う攻撃陣 アルゼンチン代表、南米予選へ向けた召集メンバー発表

8/12(土) 21:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

再び召集メンバーにイカルディの名も

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は11日、ロシアW杯・南米予選へ挑む召集メンバーのうち、海外クラブでプレイする選手たちを発表した。

6月にアルゼンチン代表の指揮官に就任したホルヘ・サンパオリ監督は今回、海外組から23名の精鋭を選抜。これまでどおり、絶対的エースのリオネル・メッシ(バルセロナ)や若き至宝パウロ・ディバラ(ユヴェントス)、アンヘル・ディ・マリア(PSG)ら、攻撃陣に豪華メンバーが揃う。さらに、6月にオーストラリアで行われたブラジル代表との親善大会で、約3年半ぶりに代表メンバーに名を連ねたマウロ・イカルディ(インテル)も再び選ばれた。一方で、ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)がメンバーから外れている。

現在、南米予選でプレイオフ圏内の5位と、ロシアW杯本戦ストレートインへ黄色信号が灯っているアルゼンチン。今月31日に3位のウルグアイ代表と、9月5日に10位ベネズエラ代表と対戦予定となっている。はたして、これらの試合で連勝を飾り、本大会出場圏内へ浮上することができるのか。

発表されたメンバーは以下のとおり

GK:ロメロ、グズマン、ルジ
DF:マスチェラーノ、ファシオ、オタメンディ、メルカド、パレハ
MF:バネガ、ビリア、A・フェルナンデス、パレデス、ピサーロ、ディ・マリア、アクーニャ、パストーレ、ランシーニ、サルビオ
FW:メッシ、ディバラ、イカルディ、J・コレア、S・アグエロ

http://www.theworldmagazine.jp/