ここから本文です

【MLB】大旋風WBCイスラエル代表の主砲が投手に!? “デビュー”戦で3者連続三振

8/12(土) 17:54配信

Full-Count

2008年ドラフト1巡目、メジャー通算81本塁打のパワー打者

 今年3月に開催された第4回WBCで大旋風を巻き起こしたイスラエル代表。主砲として6試合に出場し、打率.471、出塁率と長打率を足したOPSは1.277と好成績を収めたアイク・デービスが、なんと投手に転向したことが明らかになった。MLB公式サイトの人気コーナー「Cut4」が伝えている。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 デービスと言えば、2008年ドラフトでメッツに1巡目指名(全体18位)され、一塁の若手有望株として期待された選手だった。2010年4月19日にメジャーデビュー。14年にパイレーツへトレード移籍し、アスレチックス、ヤンキースと渡り歩いた30歳スラッガーは、メジャー7年で打率.239ながら81本塁打、291打点を記録していた。昨夏にヤンキースを自由契約となった後、今年1月にドジャースと契約。3月のWBCには一塁手として出場していたが、30歳を機に驚きの転身を図っていたという。

 だが、実はデービスは大学野球の名門アリゾナ州立大時代には、投手と野手の“二刀流”で活躍していた。野手として頭角を現す一方で、投手としては3年次にクローザーに就任。投打にわたり、チームをカレッジワールドシリーズ出場に導いた。さらに、父ロン・デービスは球宴選出経験もある投手で、1989年にはヤクルトの助っ人として1年プレーした経験を持つ。

2015年にメジャーのマウンドは経験済み

 今季は左腕として新たなキャリアを歩み始めたデービスは、ドジャース傘下ルーキーリーグのアリゾナ・ドジャースで8月6日(日本時間7日)に初登板。8-5と3点リードの6回に3番手としてマウンドに上がると、対戦相手のパドレス打者を3者連続空振り三振に斬る満点デビューで1ホールドを記録した。9日(同10日)のホワイトソックス戦にも再びマウンドに上がり、1回を1奪三振1四球で無失点。上々のスタートを切った。

 目標のメジャーデビューに向けて…と言いたいところだが、実はデービスは投手としてメジャーのマウンドを経験済み。アスレチックス時代の2015年4月21日、敵地でのエンゼルス戦で8回に登板すると1回を9球で3者凡退のパーフェクト投球。さらに、同年8月16日、敵地オリオールズ戦でも8回にマウンドに上がり、1回を1奪三振1四球無失点とし、メジャーでは2戦に登板し、合計2回を無失点という堂々の記録を残している。

 果たしてデービスは本物の投手としてメジャーのマウンドに戻ることができるのだろうか。アメリカならではの大挑戦に期待したい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/12(土) 18:05
Full-Count

スポーツナビ 野球情報