ここから本文です

SKY-HI×SALU、待望のアルバム・リリース・ライブが開催 JP The Wavyも登場しドライブ感あふれる“伝説”なライブに

8/12(土) 21:40配信

Billboard Japan

 2017年8月10日、SKY-HIとSALUによるジョイントライブ【Say Goodbye to My Business】が東京・Shibuya O-EASTにて開催された。

その他、関連ビジュアル

 昨年10月にリリースされたアルバム『Say Hello to My Minions』のリリースライブとして開催された本公演。リリースからしばらく間の空いた形だが、会場にはライブを待ち望んだオーディエンスが詰めかけ、チケットはソールドアウトとなった。

 ステージ上は、後方と左右の3箇所に、白いテープのようなものが複数本、天井からステージへと交差状に繋がれて、あたかも三つの白い柱が置かれているような装飾が施されている。さらにステージ中央にはDJセットが置かれた。

 定刻を少し過ぎ、まずはDJが登場、ライブは『Say Hello to My Minions』の表題曲からスタートした。SKY-HI、そしてSALUのラップのパートに入ってからも、2人の声は聴こえてくるが、ステージには両者とも姿を見せず。まるで自分たちの姿形以上に、ラップそのものの存在感を感じて欲しい、と言わんばかりの粋な演出に応えて、観客の熱気もどんどん上昇。本人たちがステージ上に登場する前から、早くもフロアのボルテージは高まった。

 そして二曲目、「Purple Haze」でスカイハイとSALUがそれぞれステージの左右から登場。割れんばかりの歓声が沸き起こった。SKY-HIは全身を黒で固め、タイトなシルエットが印象的なスタイリッシュな格好。一方のSALUは全身ホワイトで、同じくスタイリッシュだが、どこかユルイ部分も残したスタイルだ。黒と白というキッパリとした対比は、二人の演者の華を強調しつつ、徹底的な美意識に貫かれたこの日のステージそのものを象徴してもいた。

 もちろん、ライブの主役は2人のラップだ。お互いに掛け合いになるパートも多く、それによって、ラップのテンションにもドライブを掛けていく。単にチームであるというより、2人の自立したラッパーがコラボレーションをしているという緊張感が、ライブのパフォーマンスをも高めていた。

 美意識という意味で印象に残ったのが、ライブ中のMCのパート。まずSKY-HIが「みんな、この日を楽しみにしてたか?!」と客席に呼び掛けるとSALUが「伝説」と一言。それにスカイハイが「伝説」と被せると、SALUが「伝説は言い過ぎじゃない?」と返す。SKY-HIは「お前が言い出したんだろ!」とツッコミを入れ「SALU、お前そういうところあるよ」と説教、するとSALUは「さーせんした!」と謝る。さらに、やり取りはまだ終わらず、SKY-HIが「『Say Goodbye to My Minions』は9曲入りなんですが…」と本題に戻ろうとしたところでSALUはすかさず「究極のね」と口を挟む。これには思わず2人も客席も笑いを抑えきれず、わずかな沈黙を挟んだ後、SKY-HIは「せっかくのライブが9曲で終わったらもったいないから、ちょっと寄り道しようぜ!」という締めの一言で次の曲に入る、という流れ。

 面白いのは、このやり取りが一度だけではなく、全く同じ形で、ライブ後半に、もう一度登場したこと。それぞれ「WHIPLASH feat. SALU」、「Walking on Water feat. SALU」という曲に繋がり、豪華な“寄り道”となった訳だが、こうしたちょっとしたMCのパートも一つの演出となっていて、今回のステージに掛けるプロ意識の高さを物語っていた。

 ライブ本編は「運命論」までの14曲で終了。途中、SKY-HIが「SALUも俺も、最後までやめなかったラッパー」と語るなどエモーショナルな場面もあった。

 そして歓声に応える形で行われたアンコールで、ゲストとして、いの一番にステージに登場したのは、なんとJP The Wavy。現在ストリート・ヒット中の「Cho Wavy De Gomenne」がプレイされ、詰め掛けたヒップホップ・ヘッズにとっても嬉しいサプライズとなった。軽快かつ縦横無尽にステージを使うJP The Wavy。それに触発されたかのようにSKY-HIとSALUもステージに再び登場し、それぞれラップを披露した。演奏後、言葉を発さずに足早にステージを去ったJP The Wavyだが、SKY-HIとSALUによれば、40度近い発熱があったとのこと。客席からはどよめきにも似た歓声と、大きな拍手が上がった。

 そしてアンコール・ラストに披露されたのは、ライブ前日に急遽配信され、本編でもプレイされた「RAPSTA」。演奏前には、この曲の間はスマフォでの撮影が可能なことと、ハッシュタグ「RAPSTA」「ヘリで来た」でInstagramに投稿すると、後日その映像を繋いでMVが作成されることが二人の口からアナウンス。オーディエンスがそれぞれスマフォを掲げる中、最後の熱いパフォーマンスが繰り広げられた。

 去り際、もう一度例のMCーー「伝説」「伝説は言い過ぎじゃない?」というやり取りから始まる一連のくだりが再現される中、二人がまた左右に退場。まさに“伝説的”なステージの幕が閉じた。ステージ上で今後のますますコラボレーションも示唆された二人の次なるステージにも、ぜひ期待したい。

写真:Kenji Kitazato



◎公演情報
【Say Goodbye to My Business】
2017年8月10日(木)東京・Shibuya O-EAST

最終更新:8/12(土) 21:40
Billboard Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ