ここから本文です

巨人阿部逆転の1998安打 岩舘マネへ感謝の1本

8/12(土) 7:52配信

日刊スポーツ

<広島2-9巨人>◇11日◇マツダスタジアム

 巨人阿部慎之助内野手(38)がプロ通算2000安打まで「M2」とした。広島18回戦(マツダスタジアム)の5回2死満塁から、左翼線へ逆転の決勝3点二塁打を放った。巨人キラー福井を沈めた価値ある1998本目。運転手を務める岩舘善広マネジャー(39)との固い絆を安打に込めて、大記録に前進した。史上49人目の偉業達成の瞬間が、いよいよ目前に迫ってきた。

【写真】村田の右前適時打で生還し、笑顔でハイタッチする阿部

 マツダスタジアムの鮮やかな天然芝で逆方向への打球が弾んだ。2点を追う5回2死満塁。阿部が一振りで試合をひっくり返した。広島福井の初球、外角直球に素直にバットを出した。左翼線いっぱいを広々と使う走者一掃の逆転3点適時二塁打に「細かいことは考えずに、積極的にいこうと思っていた。コースに逆らわずに打ち返すことができた」。この回、打者一巡の6安打6得点のビッグイニングを演出した。

 相棒の目の前へと打球を打ち返した。この日は運転手を務める岩舘マネジャーが三塁側内野席から熱視線を送っていた。普段は遠征先には出向かないが、大台到達を目前に控え、現地に駆け付けた。安田学園野球部の同級生で、05年のシーズン前からコンビを組む。忘れられない1通のメールが今でも携帯電話に保存されている。野球用具メーカーを退職した04年12月13日だった。阿部から「最良のパートナーを目指してやっていこう」とメッセージが届いた。

 05年1月2日のトークショーの送迎が初仕事だった。今季でコンビ結成13年目を迎える。岩舘氏は「最近、ハンドルを持つ手が震えることがある。もともとは同級生の友達だったけど、今は、すごい人を後ろに乗せている。その命を預かっていると思うと少し怖いよね」。車内では業務的な連絡事項、野球談議が中心になる。時に友人としてのたわいもない会話が阿部をリラックスさせることもある。阿部も「ずっとサポートしてもらっている。感謝しかない」と頭を下げる。

 二人三脚で積み上げてきた安打は1998本。あと2本との問いには「そうだな」と静かな口調で大台を見据えた。同時に「勝てる1本が打てたから良かった」とあくまでも勝負に徹する姿勢を貫く。チームトップの今季12度目の勝利打点で50勝に導いた。あと、2本。威風堂々とまい進する。【為田聡史】

 ◆選手が到着せず 73年4月27日中日-巨人戦(中日)は、ストのため東京-名古屋間をバスで移動した巨人が渋滞に巻き込まれ、1時間6分遅れて試合が始まる。14年9月27日日本ハム-オリックス戦(札幌ドーム)は飛行機のトラブルでオリックスの到着が遅くなり、開始が30分遅れる。

 ◆審判員、記録員が到着せず 82年8月12日大洋-広島戦(静岡)は地震の影響で新幹線が止まり59分遅れ、92年5月6日中日-広島戦(浜松)は新幹線の故障で14分遅れて始まる。

 ◆試合球が到着せず 67年10月9日サンケイ-中日戦(横浜平和)は、サンケイにボールを納めている運動具店の車が渋滞で試合開始に間に合わず、37分遅れで開始。

最終更新:8/12(土) 10:06
日刊スポーツ