ここから本文です

阪神メッセンジャー右足腓骨骨折…松葉づえで帰阪

8/12(土) 7:52配信

日刊スポーツ

 阪神は11日、ランディ・メッセンジャー投手(35)が都内の病院で「右足の腓骨骨折」と診断されたと発表した。前日10日巨人戦(東京ドーム)で阿部の打球を右足くるぶし付近に受け、この日出場選手登録を抹消された。金本監督は離脱期間を問われ「かかるね。(今季中の復帰は)厳しいかも分からんね」と表情を曇らせた。

【写真】メッセンジャーは阿部の打球を受け痛みをこらえながらマウンドでジャンプする

 メッセンジャーはこの日、家族とともに帰阪した。松葉づえ姿でJR新横浜駅に現れ、患部にはテーピングがぐるぐる巻きにされていた。手術か否かは未定で、リハビリ計画は今後煮詰めていくという。球団広報を通じて「ケガをしてしまったことは仕方がない。チームのみんなにはクライマックスシリーズ、日本シリーズ出場を目指して頑張ってもらいたい」とコメントした。

最終更新:8/12(土) 9:59
日刊スポーツ