ここから本文です

【ROAD FC】浴衣vs制服の決着戦、前澤が女子高生撃破で涙

8/13(日) 9:58配信

イーファイト

「XIAOMI ROAD FC 041」(8月12日 韓国・原州総合体育館)

▼女子アトム級 5分2R
〇前澤 智(リバーサルジム 立川 ALPHA)
判定2-0
●イ・イェジ(韓国)

【フォト】前日計量:イェジの制服姿に前澤は浴衣姿で対抗

 日本のDEEP JEWELSで活躍する前澤が参戦。3月のROAD FC女子大会で、プロ5戦目にしてDEEP JEWELSフライ級王者しなしさとこを破った韓国の超新星イェジとセミファイナルで対戦した。

 前日計量で前澤は夏らしい浴衣姿、現役女子高生ファイターのイェジは制服姿で計量に臨んだことが話題となった。

 1R、イェジはジャブを多用し、右ストレートにつなげる。打っては離れるヒット&アウェーのイェジに対し、前澤はテイクダウンを狙って行くが、前に出ると左右ローとパンチで迎え撃つイェジ。終盤、前澤がようやくテイクダウンを奪い、パンチを落とすが、イェジは蹴り上げて立ち上がる。

 2R、前澤がテイクダウンを仕掛けるが、倒れて上になったのはイェジ。しかし、前澤はすぐに上のポジションを奪い返し、腕十字を狙いながらパンチを落とす。強いパウンドをヒットさせるとアームロックを狙うが、イェジはケージを蹴って上になり、立ち上がることに成功。

 そこへ前澤が再びタックルでテイクダウンを奪い、パウンドを打っていく。蹴り上げで対抗するイェジだが、前澤は立たせずにパンチを入れる。アームロックの体勢にもなるがこれは極まらず。最後は足関節技をイェジが狙ったところで試合終了。

 2Rを優勢に進めた前澤が判定2-0で勝利し、嬉し涙を流した。

最終更新:8/13(日) 9:58
イーファイト