ここから本文です

奇跡の大行進は最高のフィナーレへ! 『アイマス シンデレラガールズ』5thライブさいたまスーパーアリーナ公演2日目リポート

8/13(日) 22:53配信

ファミ通.com

文・取材:編集部 北埜トゥーン、撮影:オフィシャル

●2018年に単独ドーム公演の開催も決定!
 2017年8月12日、13日、埼玉県のさいたまスーパーアリーナにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント”THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!”が開催された。5月の宮城公演を皮切りに全国で実施されたライブツアーも、このさいたまスーパーアリーナ公演をもって最後となる。さいたまスーパーアリーナ公演は、ほかの公演と異なり、1日目と2日目で出演者が違っており、2日目には、大橋彩香さん(島村卯月役)、福原綾香さん(渋谷凛役)、原紗友里さん(本田未央役)、藍原ことみさん(一ノ瀬志希役)、青木志貴さん(二宮飛鳥役)、青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)、赤崎千夏さん(日野茜役)、朝井彩加さん(早坂美玲役)、飯田友子さん(速水奏役)、今井麻夏さん(佐々木千枝役)、大空直美さん(緒方智絵里役)、金子真由美さん(藤本里奈役)、金子有希さん(高森藍子役)、鈴木絵理さん(堀裕子役)、高野麻美さん(宮本フレデリカ役)、竹達彩奈さん(輿水幸子役)、伊達朱里紗さん(難波笑美役)、種崎敦美さん(五十嵐響子役)、津田美波さん(小日向美穂役)、千菅春香さん(松永涼役)、照井春佳さん(櫻井桃華役)、東山奈央さん(川島瑞樹役)、長島光那さん(上条春菜役)、原優子さん(向井拓海役)、春野ななみさん(上田鈴帆役)、松田颯水さん(星輝子役)、村中知さん(大和亜季役)、安野希世乃さん(木村夏樹役)、山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)、ルゥ ティンさん(塩見周子役)の31名が参加した。

※赤崎千夏さんの“崎”はたつさきです。
※高野麻美さんの“高”ははしごだかです。
※種崎敦美さんの“崎”はたつさきです。

【関連記事】
・初の全国ライブツアーが開幕! 『アイマス シンデレラガールズ』5thライブ宮城公演リポート
・初披露曲もたっぷり! 石川&金沢弁クイズも飛び出した、『アイマス シンデレラガールズ』5thライブ石川公演リポート
・大阪らしい笑い溢れる公演に! 『アイドルマスター シンデレラガールズ』5thライブ大阪公演リポート
・シンデレラライブ初出演の嘉山未紗さん&中島由貴さんが躍動! みかんとお茶が特産品な『アイマス シンデレラガールズ』5thライブ静岡公演リポート
・“みんな”で作った『アイドルマスター シンデレラガールズ』5thライブツアー幕張公演をリポート!
・九州の圧倒的熱量! 「好いとぉよ」に悶絶した『アイマス シンデレラガールズ』5thライブ福岡公演リポート
私たち、みんなでシンデレラガールズです! 『アイマス シンデレラガールズ』5thライブさいたまスーパーアリーナ公演1日目リポート

 開演に先駆けて、千川ちひろ(声:佐藤利奈さん)による恒例のアナウンスが実施。さいたまスーパーアリーナ公演では、生でナレーションが行われ、「男性のプロデューサーさん(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)」、「女性のプロデューサーさん」と呼びかけ、会場を温めていく。続いて、前日と同じく、『シンデレラガールズ劇場』風のミニアニメで、三船美優(声:原田彩楓さん)、片桐早苗(和氣あず未さん)、櫻井桃華(声:照井春佳さん)の3人が注意事項を説明。そして、フラッグを持った登場し、パフォーマンスを披露した後、『Shine!!』を歌い上げ、奇跡の大行進が幕を開けた。

 ソロ曲パートのトップを飾ったのは、赤崎さんの『熱血乙女A』。会場がいきなりウルトラオレンジに染まると、その思いに応えるように、赤崎さんも間奏中にさいたまスーパーアリーナの広いステージの端から端まで走るという熱いパフォーマンスを見せた。そのアツい流れを引き継いで、山本さんが登場。『SUPERLOVE☆』を激しいダンスともに披露すると、会場の熱気はさらに増していく。しかし、つぎの曲で雰囲気は一変。金子有希さんが『青空リレーション』を爽やかに歌い上げ、クールダウン。その後には、『キラッ!満開スマイル』、『SUN▽FLOWER』※(▽はハートマークです)とアニメ『シンデレラガールズ劇場』のテーマ曲が続いた。

 続いてのブロックでは、『輝く世界の魔法』、『エチュードは1曲だけ』、『cherry*merry*cherry』、『つぼみ』、『Love∞Destiny』とユニット曲が中心のラインアップ。『輝く世界の魔法』では、キャスト陣が馬車(※トロッコ)に乗り込み、アリーナ席とスタンド席のあいだにある通路を進みながら歌唱し、会場のプロデューサーと交流を楽しんだ。『エチュードは1曲だけ』については、長島さんが村中さんのセリフに合わせて、リアクションをしたということだが、誰にも気付いてもらえなかったということで、MC中に再び披露。それを見た青木志貴さんが、「うらやましい」と発言してしまい、青木瑠璃子さんとふたりで再現するひと幕も。『つぼみ』は、キャスト陣がステージの階段に座っている状態からスタート。MCではその座りかたに関するトークが展開された。とくにキャスト陣の中で注目が集まったのは、安野さんの座りかた。リハーサル時などでは、ほかのメンバーと同じようにふつうに座っていたようだが、“なつきちなら、どんな座りかたをするのか?”と考えた結果、片膝を立てて座ることにしたというエピソードが安野さんから明かされた。『Love∞Destiny』は、津田さん、青木志貴さん、青木瑠璃子さん、金子さん、大空さんの5人に加えて、スクリーンに映された佐久間まゆ、北条加蓮の3Dモデルとともに計7人で歌い上げた。

 第3パートは、『Near to You』、『Snow Wings』、『To my darling...』、『ラヴィアンローズ』、『リトルリドル』の5曲が披露。『Near to You』では、曲名の通り、馬車に乗ってキャスト陣がプロデューサーの側に行き、コールアンドレスポンスで会場を盛り上げていく。『To my darling...』と『ラヴィアンローズ』の2曲では、竹達さんと照井さんのふたりがそれぞれキュートに歌い上げ、プロデューサーを魅了した。『Snow Wings』(大橋さん、福原さん、原紗友里さん、長島さん)では大槻唯、『リトルリドル』(朝井さん、山本さん、青木志貴さん)では、双葉杏と白坂小梅の3Dモデルといっしょに歌唱。『リトルリドル』は今回が初披露ということもあり、イントロが流れた瞬間から大きな歓声があがった。

 続いて、『We're the friends!』、『One Life』、『PANDEMIC ALONE』、『Nocturne』、『銀のイルカと熱い風』、『Treasure☆』とアツい&クールな楽曲が披露された第4ブロック。『PANDEMIC ALONE』は、転調が激しい楽曲となっているが、アップテンポのときだけ、客席がウルトラオレンジに染まるというように会場のプロデューサーもステージを演出。『銀のイルカと熱い風』は、1日目も歌唱された楽曲。ダンスのレッスンは1日目といっしょに行われたらしく、結束力が強まったというエピソードが語られた。そして、ブロック最後に披露された『Treasure☆』は、Webラジオ『デレラジ』と『CINDERELLA PARTY!』のコラボ楽曲。ミュージカル仕立ての同曲を会場のスクリーンの演出と合わせて、壮大に歌い上げると、大きな拍手が贈られた。

 そして、ここで前日と同じく“DJぴにゃ”ことぴにゃこら太の選曲による“Serendipity Medley!!!”に突入。『お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-』からスタートしたメドレーは『Radio Happy』、『おねだり Shall We ~?』、『風色メロディ』、『ましゅまろ☆キッス』、『Can't Stop!!』、『絶対特権主張しますっ!』、『ススメ☆オトメ ~jewel parade~』、『エヴリデイドリーム』、『GOIN'!!!』、『Lunatic Show』、『華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~』、『ヴィーナスシンドローム』、『Nation Blue』、『Absolute NIne』、『Trancing Pulse』、『咲いてJewel』『明日また会えるよね』、『きみにいっぱい☆』、『お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-』という楽曲が約20分間ノンストップで披露された。ヤンキーアイドルの向井拓海を演じる原優子さんが元警察官の片桐早苗の楽曲『Can't Stop!!』を歌ったかと思えば、最後に「逮捕されねぇーぞ!」とセリフをアレンジしたり、お嫁さんにしたいアイドルNo.1として登場し『エヴリデイドリーム』を歌唱した種崎さんに“DJぴにゃ”が見惚れてしまったり、new generationsによる『Trancing Pulse』があったりと、盛りだくさんな内容となっていた。

 そして、ライブはラストスパート。『∀NSWER』、『Jet to the Future』、『ラブレター』、『情熱ファンファンファーレ』、『Tulip』、『純情Midnight伝説』、『サマカニ!!』というユニット曲のほとんどがオリジナルメンバーで披露されるという怒涛のようなラインアップで畳み掛ける。朝井さんと松田さんのふたりでの披露となった(森久保乃々はスクリーンに3Dモデルで出演)『∀NSWER』について、「いつか(オリジナルメンバーの)3人で歌いたい」という目標が語られた。間奏中にエアギターを見せるなど、パフォーマンスで会場を熱くした『Jet to the Future』では、安野さんがイヤモニの片方を付け忘れて登場してしまったそうだが、そのまま歌い切ったという、ロックなエピソードが披露された。そのほかにも『Tulip』と『純情Midnight伝説』のキャスト陣は手作りのお揃いのアクセサリーを付けていたことを明かし、『サマカニ!!』のメンバーもCDジャケットでアイドルたちが着ていた水着をイメージしたシュシュを付けてステージに臨んだことなど、今回のライブに懸ける熱い思いが語られた。

 その後、最後の曲として『夢色ハーモニー』を全員で披露し、キャスト陣はステージを後にする。しかし、会場のアンコールに応えて、スクリーンに千川ちひろが登場し、『シンデレラガールズ』の今後に関する映像を放映。映像では、スマートフォンアプリ『スーパーロボット大戦X-Ω』への期間限定参戦、『ビューイングレボリューション』の『Yes! Party Time!!』が“EDIT LIVE”モードに対応、2018年に6thライブとして単独ドーム公演の開催などが発表された。

[関連記事]
『アイドルマスター シンデレラガールズ』2018年に単独ドーム公演決定! 『ビューイングレボリューション』の『Yes! Party Time!!』にEDIT機能も!
『アイマス シンデレラガールズ』が『スーパーロボット大戦X-Ω』に参戦! “鋼鉄公演きらりんロボ”が、『スパクロ』で実現か!?

 発表が終わると、キャスト陣が再びステージに登場し、『EVERMORE』と『M@GIC』を熱唱。そして、ひとりひとりが順番に5thツアーを振り返りつつ、プロデューサーに感謝の気持ちを語った。その後、本当の最後の曲として、『お願い!シンデレラ』を歌い上げた後、『アイドルマスター』のイベント恒例の「アイマスですよ! アイマス!」の掛け声で、奇跡の大行進は無事終着を迎えた。

----------

 『シンデレラガールズ』初のライブツアーとして開催された”THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!”。公演ごとにキャスト、セットリスト、開催都市に合わせたコーナーなど、それぞれ違った魅力に溢れる内容となっていたのではないだろうか。また、最終公演となるさいたまスーパーアリーナで披露された“Serendipity Medley!!!”では、これまで『シンデレラガールズ』ではあまり実施されることがなかった、ソロ曲を別のキャストが歌うという試みにも行われ、新たな広がりを感じさせるようなものになっていたと思う。そして、ライブの最後には2018年に単独ドーム公演が開催されることも発表され、ますます盛り上がりが増していくことは間違いないだろう。そんな『シンデレラガールズ』にこれからも注目したい。


■THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! さいたまスーパーアリーナ公演 day2 セットリスト ※敬称略
01.Shine!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
02.熱血乙女A(赤崎千夏)
03.SUPERLOVE☆(山本希望)
04.青空リレーション(金子有希)
05.キラッ!満開スマイル(朝井彩加・大空直美・金子真由美・高野麻美・種崎敦美・津田美波)
06.SUN▽FLOWER(原紗友里・金子有希・春野ななみ・山本希望・佳村はるか)※▽はハートマーク
07.輝く世界の魔法(大橋彩香・福原綾香・飯田友子・鈴木絵理・竹達彩奈・伊達朱里紗・照井春佳・東山奈央・原優子・安野希世乃)
08.エチュードは1曲だけ(青木志貴・青木瑠璃子・今井麻夏・千菅春香・長島光那・村中知・ルゥ ティン)
09.cherry*merry*cherry(大空直美)
10.つぼみ(藍原ことみ・金子真由美・伊達朱里紗・長島光那・安野希世乃・ルゥ ティン)
11.Love∞Destiny(青木志貴・青木瑠璃子・大空直美・金子有希・津田美波)
12.Near to You(青木志貴・朝井彩加・金子真由美・高野麻美・種崎敦美・千菅春香・松田颯水・山本希望・佳村はるか・ルゥ ティン)
13.Snow Wings(大橋彩香・福原綾香・原紗友里・長島光那)
14.To my darling…(竹達彩奈)
15.ラヴィアンローズ(照井春佳)
16.リトルリドル(青木志貴・朝井彩加・山本希望)
17.We're the friends!(原紗友里・藍原ことみ・青木瑠璃子・赤崎千夏・今井麻夏・大空直美・金子有希・津田美波・長島光那・春野ななみ・村中知)
18.One Life(千菅春香)
19.PANDEMIC ALONE(松田颯水)
20.Nocturne(飯田友子・千菅春香・東山奈央)
21.銀のイルカと熱い風(今井麻夏・大空直美・鈴木絵理・照井春佳・原優子・村中知)
22.Treasure☆(大橋彩香・福原綾香・原紗友里・青木瑠璃子・佳村はるか)

■Serendipity Medley!!!
23.お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
24.ギャル友達が歌う「Radio Happy」(金子真由美・山本希望・佳村はるか)
25.猫好きが歌う「おねだり Shall We~?」(長島光那)
26.風色メロディ ~For Mio Rearrange Mix~(原紗友里)
27.ましゅまろ☆キッス ~For Riina Rearrange Mix~(青木瑠璃子)
28.ヤンキーが歌う「Can't Stop!!」(原優子)
29.小悪魔による「絶対特権主張しますっ!」(藍原ことみ・高野麻美・ルゥ ティン)
30.オトメ達が歌う「ススメ☆オトメ ~jewel parade~」(金子有希・津田美波)
31.お嫁さんにしたいアイドルNo.1による「エヴリデイドリーム」(種崎敦美)
32.フレッシュな「GOIN'!!!」(朝井彩加・伊達朱里紗・春野ななみ)
33.ROCK THE BEATが歌う「Lunatic Show」(青木瑠璃子・安野希世乃)
34.ダークイルミネイト飛鳥「華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~」(青木志貴)
35.女神による「ヴィーナスシンドローム」(飯田友子)
36.ブルーナポレオンによる「Nation Blue」(今井麻夏・東山奈央・長島光那)
37.アブナイ炎陣による「Absolute NIne」(金子真由美・千菅春香・原優子・村中知・安野希世乃)
38.new generationsによる「Trancing Pulse」(大橋彩香・福原綾香・原紗友里)
39.パッションが歌う「咲いてJewel」(金子有希・鈴木絵理・伊達朱里紗・松田颯水・佳村はるか)
40.クールが歌う「明日また会えるよね」(福原綾香・今井麻夏・千菅春香・村中知・ルゥ ティン)
41.キュートが歌う「きみにいっぱい☆」(朝井彩加・大空直美・種崎敦美・津田美波・照井春佳)
42.お願い!シンデレラ -JAZZ Rearrange Mix-(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

43.∀NSWER(朝井彩加・松田颯水)
44.Jet to the Future(青木瑠璃子・安野希世乃)
45.ラブレター(大橋彩香・種崎敦美・津田美波)
46.情熱ファンファンファーレ(原紗友里・赤崎千夏・金子有希)
47.Tulip(藍原ことみ・飯田友子・高野麻美・佳村はるか・ルゥ ティン)
48.純情Midnight伝説(金子真由美・千菅春香・原優子・村中知・安野希世乃)
49.サマカニ!!(赤崎千夏・鈴木絵理・伊達朱里紗・東山奈央・春野ななみ)
50.夢色ハーモニー(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
51.EVERMORE(大橋彩香・福原綾香・原紗友里・朝井彩加・今井麻夏・大空直美・金子真由美・鈴木絵理・伊達朱里紗・千菅春香・東山奈央・松田颯水・佳村はるか・ルゥ ティン)
52.M@GIC☆(藍原ことみ・青木志貴・青木瑠璃子・飯田友子・金子有希・高野麻美・種崎敦美・津田美波・照井春佳・長島光那・原優子・春野ななみ・村中知・安野希世乃・山本希望)
53.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

[2017年8月14日1時30分 記事訂正]
本文中の一部表記を修正しました。

最終更新:8/14(月) 1:29
ファミ通.com