ここから本文です

(科学の扉)新発見、ユニーク命名 オリゴ糖×「阿波踊り」!?言葉遊びも

8/13(日) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 日本が発見した元素に「ニホニウム」という名称が認められた。新しい化合物をつくったり、未知の遺伝子を発見したりしたときに、印象的な名前をつけることも科学者には大切だ。実は日本ならではのユニークな名前がいろいろとある。

 1991年、徳島文理大の西沢麦夫教授(故人)らが発表した新規化合物の名前が日本中の化学者を脱力させた。
 「シクロアワオドリン」
 高校の教科書にも載る天然のオリゴ糖「シクロデキストリン」と「阿波踊り」をかけている。シクロデキストリンは6~8個のブドウ糖が輪になってつながった形をしていて、辛み成分を取り込んで保持する性質があるので、高級練りわさびの風味を長持ちさせるために加えられている。……本文:4,018文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社