ここから本文です

ウルフルズ 25周年ツアーが閉幕 「またこうやってウルフルズをずっと続けて行きます」

8/13(日) 23:30配信

エキサイトミュージック

今年デビュー25周年を迎え、11枚目のアルバム『人生』をリリースしたウルフルズが、アルバムを引っさげた『ウルフルズ ツアー2017 人生~デビュー25周年やな!せやせや!~』を6月の戸田からスタートさせた。各会場、大盛況の中、全12公演を駆け抜け、本日8月13日(日)、サンパレスホール福岡で最終公演を迎え幕を閉じた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

最新アルバムのジャケット写真にもある「人生」という文字をモチーフにした迫力ある舞台セットが組まれ、開演前から観客の熱気に包まれていた。会場BGMがフェードアウトし、客電が暗転されると、軽快なリズムとともにまずはサンコンJr.(Dr)が登場。続いてジョンB(Ba)、ウルフルケイスケ(Gt)の順に登場し、「こいよ!」のイントロがスタート。歌始まりと同時に舞台に設置されたポップアップでトータス松本(Vo)が勢いよく登場すると、会場はさらに熱気の渦となった。

デビュー曲「やぶれかぶれ」も序盤に披露され、さらにヒートアップし、その観客に応えるかのように、「笑えれば」「それが答えだ!」等ウルフルズの代表曲を次々と披露。「それが答えだ!」では、トータス松本のダンスも披露。会場が湧く!

MCでは、25周年を迎えられたことにメンバーそれぞれが、ファンに向けて感謝を自身の言葉で伝えた。

後半戦。「せやなせやせや人生は」ではトータス松本が派手な着物、金の扇子と豪華な衣装を着こなし登場。エネルギッシュな姿に観客は釘付けとなった。ライブは進み、「ガッツだぜ!!」が始まると、観客が待っていましたと言わんばかりに大合唱。

「25周年、こうやって振り返るといろいろなことを思い出します。またこうやってウルフルズをずっと続けて行きます」とトータス松本。最後は「バカヤロー」で本編を締めくくった。

鳴り止まない拍手の中、アンコールでは「SUN SUN SUN’95」「ツギハギブギウギ」「バンザイ~好きでよかった~」を披露し、全20曲を披露した同ライブは大盛況の末、幕を閉じた。

≪セットリスト≫
1. こいよ!
2. やぶれかぶれ
3. すっとばす
4. おれを夢中にさせないで
5. 笑えれば
6. それが答えだ!
7. しあわせ
8. 迷ったら Do It
9. はげしくやさしく
10. せやなせやせや人生は
11. ガッツだぜ!!
12. ツーツーウラウラ
13. サムライソウル
14. ええねん
15. バカサバイバー
16. もーあかんブギ
17. バカヤロー
<ENCORE>
1. SUN SUN SUN'95
2. ツギハギブギウギ
3. バンザイ~好きでよかった~

≪ライブ情報≫
【OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2017 ~ウルフルズ25祭!!~】
2017年9月23日(土・祝)大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場
問い合わせ:キョードーインフォメーション(TEL.0570-200-888 / 全日10:00~18:00)