ここから本文です

「されど罪人は竜と踊る」10月放送開始!主人公コンビ役に島崎信長&細谷佳正

8/13(日) 20:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ガガガ文庫(小学館刊)で展開中の浅井ラボ氏による人気小説シリーズ「されど罪人は竜と踊る」がテレビアニメ化され、10月からTBS、BS-TBSで放送を開始することがわかった。

 同作は、森羅万象を自在に操る「咒式(じゅしき)」と呼ばれる物理学を応用した技術が普及したファンタジー世界を舞台に、賞金稼ぎの咒式士ガユス・レヴィナ・ソレルと、ギギナ・ジャーディ・ドルク・メレイオス・アシュレイ・ブフのコンビが、咒式を身に宿し人々に仇(あだ)なす“異貌のものども”や犯罪者たちを狩る戦いへと身を投じていく姿を描く。

 メインキャストも発表されており、普段は塾講師のバイトで生計を立てている苦労人のガユス役に「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」の島崎信長、竜殺しの戦闘民族ドラッケン族と人間とのハーフで、傍若無人に振る舞うギギナ役に「アルスラーン戦記」の細谷佳正が選ばれた。

 スタッフは、総監督に「とある魔術の禁書目録」の錦織博を迎え、監督として「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~」で副監督を務めた花井宏和が登板。シリーズ構成を「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の伊神貴世が担当する。

 そのほか、9月23日に東京・AKIBA_SQUARE(アキバスクエア)で開催されるガガガ文庫創刊10周年記念イベント内で、島崎と細谷が出演し、同作の魅力を語るスペシャルステージが行われることも決定した。10周年記念イベントは、午前と午後の2部開催を予定しており、販売物優先購入券と限定グッズが付属する特別前売り券は、7月22日午前10時からローソンチケット、ローソン&ミニストップ店頭のLoppiで販売がスタートする。価格は3800円。

最終更新:8/13(日) 20:30
映画.com