ここから本文です

<橋本環奈>超特急ライブで“いきものダンス”生披露 横山だいすけも「緊張しました」 

8/13(日) 20:06配信

まんたんウェブ

 女優の橋本環奈さんが13日、東京・台場で開催中のライブイベント「めざましライブ」に出演した男性7人組ダンス&ボーカルユニット「超特急」のステージに登場し、連続ドラマ「警視庁いきもの係」(フジテレビ系、日曜午後9時)のエンディングで話題の“いきものダンス”を生披露した。

【写真特集】婦警姿でダンスを踊る橋本環奈がキュート!

 この日はドラマのエンディング曲「My Buddy」を歌っている超特急のライブ。ドラマに婦警役で出演している橋本さんは警察の制服姿で、共演の横山だいすけさん、長谷川朝晴さん、清原翔さんとともにステージに登場した。橋本さんは「後ろの方で見てました。(超特急のファンの)声援がすごい!」と話し、清原さんはダンスの前に「緊張しすぎて、振り付けを間違えると思うので許してください」とガチガチであいさつ。

 橋本さんの「皆さん、一緒に踊りましょう」という掛け声で曲が始まると、超特急のメンバーとともに全員でダンス。約6000人の観客を前に生パフォーマンスを行った横山さんは「緊張しました」と胸をなで下ろし、橋本さんは「超特急」のファンから「可愛い!」という声が飛ぶと、「いやいや」と大照れしていた。

 「めざましライブ」は同所で行われている同局夏の恒例イベント「お台場みんなの夢大陸2017」内で、日替わりで行われているライブイベント。

 ドラマは、大倉崇裕さんの小説「小鳥を愛した容疑者」(講談社)などが原作で、「警視庁総務部総務課・動植物管理係」(通称=警視庁いきもの係)の鬼警部補・須藤友三(渡部篤郎さん)と新米巡査・薄圭子(橋本さん)のコンビが、動物の生態を基に事件解決に奔走するコメディーミステリー。エンディングでは、超特急の「My Buddy」に合わせて出演者と着ぐるみが軽快なダンスを披露している。

最終更新:8/13(日) 20:18
まんたんウェブ