ここから本文です

ドルトムント、デンベレの今後について13日に協議

8/13(日) 13:03配信

ISM

 ドルトムント(ドイツ)は渦中のウスマン・デンベレの今後について、現地時間13日(以下現地時間)にも協議するようだ。独『Sport1』が12日に伝えた。

 バルセロナ(スペイン)が獲得をねらっているデンベレは、10日の練習を欠席。クラブ側は同選手に対し、14日まで練習および試合から除外するという処分を科した。

 ピーター・ボス監督は12日に行なわれたドイツカップの試合を前に、『スカイ』に対し「我々は今夜集まることになっている。我々がどうするか、クラブ側から明日発表があると思う」とコメント。その内容がデンベレの移籍についてなのか、謹慎処分についてなのかは不明で、ミヒャエル・ツォルクSDはただ「明日にはわかる」と述べたのみだった。

 ドルトムントは10日、デンベレに対するバルサからのオファーを「選手の並外れた能力に見合っていない」として却下したことを発表している。

 こうしたなか、チームメイトのピエール・エメリク・オーバメヤンは独『Sportschau』に対し「難しい問題だね。バルセロナでプレーすることはずっと前からウスマンの夢だった。僕らはもちろん彼に残ってほしいと思ってる。でも、ネイマールの移籍以来、何があってもおかしくないという状況だからね」とコメント。バルサからパリSG(フランス)へ史上最高額で移籍したネイマールを引き合いに、何でも起こり得る状況だと語った。

最終更新:8/13(日) 13:03
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ