ここから本文です

「マイナー」返上、平昌でメダルを スキークロス・梅原玲奈、スノーボードクロス・桃野慎也

8/13(日) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 来年2月の平昌(ピョンチャン)五輪まで残り半年を切った。日本勢が弱かった種目で、メダルを目指す選手たちがいる。
 梅原玲奈(34)=クラブワン=は、女子スキークロスでワールドカップ(W杯)を転戦する唯一のアジア選手だ。3月にスペインであった世界選手権で8位に入った実績を持つ。
 元々は国内屈指のアルペン選手。能力の限界を感じた24歳の春、「あと1年やったら引退」と決めた。だが、知人に誘われて2008年5月にスキークロスチームの合宿に参加すると、おもしろさにはまった。「練習すれば、まだ伸びる。引退は早い」と種目転向を決意した。……本文:1,823文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社