ここから本文です

ジダン監督、レアルと3年延長へ 年俸2倍との報道

8/13(日) 14:58配信

ISM

 レアル・マドリー(スペイン)のジネディーヌ・ジダン監督が、クラブ側との契約を3年延長する運びとなったようだ。現地時間12日、関係筋の話としてスペイン『as』紙(電子版)が伝えた。

 12日の時点で公式発表はなされていないが、関係筋によるとジダン監督はすでに3年延長の契約にサイン。ジダン監督は契約延長が2年ではなく3年となったことを喜んでおり、フロレンティーノ・ペレス会長からの信頼の証だと感じているという。

 情報筋によると、ジダン監督の年俸は現在の2倍近くとなり、ボーナスを含め、およそ800万ユーロ(約10億3000万円)になる見込みだという。

 ジダン監督は2016年1月にラファエル・ベニテス前監督の後任として、Bチームの指揮官から昇格する形でトップチームを任された。するとシーズン途中の就任ながら混乱に陥っていたチームを立て直し、チャンピオンズリーグ(以下CL)制覇に導く手腕を発揮した。

 2年目の昨季は欧州スーパーカップ、クラブW杯に加え、レアルにとって5年ぶりのリーガ・エスパニョーラ制覇も達成。さらに、同チームを通算12度目の欧州制覇に導き、過去にどのチームも果たし得なかったCLのタイトル防衛にも成功した。今季もすでに欧州スーパーカップを制し、すでに通算6タイトルを手に。レアル115年の歴史で4番目に成功した監督とみなされている。

最終更新:8/13(日) 14:58
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合