ここから本文です

鳴門渦潮・三塁コーチの竹内が好判断!右目失明も仲間に支えられ克服

8/13(日) 7:00配信

サンケイスポーツ

 第99回全国高校野球選手権大会第5日第2試合(日本文理9-5鳴門渦潮、12日、甲子園)鳴門渦潮(徳島)は日本文理(新潟)に5-9で敗れ、1回戦で姿を消した。

 いける!! 回れ!! 三塁コーチを務める鳴門渦潮の竹内虎太郎外野手(3年)が、的確な状況判断で仲間を本塁に導いた。2-7で迎えた四回二死一塁で鈴江が中前打を放つと、迷わず腕を回し、チームに3点目をもたらした。

 「がんばってやっていれば、いいことが待ってると思った。最高の場所でした」

 1年秋の練習中に打球を受けて右目を失明した。野球から離れかけたが「みんなが『焦らず、もう一回頑張ろう』と色紙に書いてくれた。不安な時も支えてもらった」と練習を再開。当初は距離感を合わせられなかった打撃も克服した。

 試合前に、相手のシートノックを見て外野手の肩の強さなどを入念にチェックする。四回は、中堅手の体勢と練習中の中継を分析していた上での好判断だった。

 今後も野球を続ける竹内の将来の夢は教師。「先生になって甲子園に戻ってきたい」と指導者として聖地に戻ってくることを誓った。

スポーツナビ 野球情報