ここから本文です

米国で起業家精神学ぶぞ リュウキュウフロッグスの7人出発

8/13(日) 10:57配信

琉球新報

 県内の学生を選抜し起業家精神を身に付けた人材を育成する事業「Ryukyufrogs(リュウキュウフロッグス)」(理事長・比屋根隆レキサス社長)の今期メンバー7人が13日、米カリフォルニア州のシリコンバレー研修へ出発した。中学1年生から大学3年生までが参加していて、23日までの10日間の研修で、現地の起業家らにメンバー自身が考案したサービス案を発表したり、IT企業を見学したりする。
 世界に広がる革新的サービスの発祥地の文化に触れ、人との交流からメンバーの成長につなげることが目的。
 那覇空港で開かれた出発式では、メンバー全員が出発前の抱負を語った。宮古島から参加している加持恵達さん=宮古島市立平良中3年=は「『何かを得たい』という前のめりの姿勢で楽しみたい。漠然としたサービス案は思いついているが、シリコンバレーの人の価値観も聞いてからじっくり考えたい」と話した。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8/13(日) 10:57
琉球新報