ここから本文です

横山だいすけ、ソロデビュー曲を生披露 「幸せな気持ちで歌えました」

8/13(日) 12:35配信

デイリースポーツ

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんを今年3月に卒業をした“だいすけお兄さん”こと横山だいすけ(34)が13日、都内で、主題歌を担当した映画「くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」(25日公開)の完成披露試写会に出席。今作の主題歌でソロデビュー曲「さよならだよ、ミスター」を生披露した。

 「親から子へ贈る“旅立ちのエール”」をテーマにした楽曲を歌いながら登場すると、会場に集まった子供はもちろん、お母さんも大喜びで出迎えた。女優・本田望結(13)の妹でコーラスを担当した本田紗来(10)と声を響かせた横山は、「本番が始まるまで紗来ちゃんとドキドキしていて深呼吸した。(会場で)ポンポンを振ってくれて幸せな気持ちで歌えました」と笑顔で振り返った。

 モデルの蛯原友里(37)の双子の妹でチャイルドボディーセラピストの蛯原英里さん(37)は今作のナレーションを務めたことからイベントに参加。生歌を聞き、「感動しました。しっかり覚えて娘にもその友達にも歌っていきたい」と大喜び。横山は歌だけでなく話題の変顔も披露すると、紗来は「やばいですね」と笑い、「放送できない感じだった?」と掛け合った。

 最後は心温まる映画のアピールをしながら、「結婚して子供ができたら一緒に見たい作品です」と語った。