ここから本文です

稀勢の里、夏巡業で基礎運動 スクワットで下半身強化

8/13(日) 16:42配信

デイリースポーツ

 大相撲の夏巡業は13日、仙台市で行われ、左上腕部などに不安を抱える横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=は基礎運動で患部の強化に努めた。入念に四股を行った後、スクワットで下半身を強化。花道では若い衆の連打の突きを胸で受け止める稽古を繰り返した。

【写真】稀勢の里、中3に一目ぼれ!真横の位置をキープ

 前日は稽古を休養。名古屋場所で痛めた左足首の回復も「まだまだ」と話しており、日々、体と相談しながら状態を上げていく。2場所連続途中休場し、10日から夏巡業に合流。秋場所(9月10日初日、両国国技館)出場はまだ不透明で「体もいい具合、感覚もしっかり。精神的にも平常心で終われれば。応援してくれる人がいるのは刺激になる」と、巡業をまずは完走することがテーマだ。