ここから本文です

広島が連勝、岡田が同僚・薮田と並ぶ11勝目「自分も続けるように」

8/13(日) 21:08配信

デイリースポーツ

 「広島4-1巨人」(13日、マツダスタジアム)

 広島が2連勝でカード勝ち越し。先発・岡田は6回4安打1失点(自責0)で11勝目(4敗)を挙げた。

 初回に田中、菊池の連打と巨人の右翼・長野の転倒で1点を先制。松山の犠飛、西川の適時打で3点を奪った。五回は併殺の間に1点を加えた。

 岡田は、「前日(12日)薮田さんがいいピッチングをしたので、自分も続けるようにと腕を振って全力で投げた。(打線が)先制いてくれたので点をやらないように最後まで抑えようと思った。(継投は)チームの方針なので自分はやれることをやるだけです」と語った。

 11勝は巨人・菅野の12勝に次ぎ、同僚・薮田と並ぶリーグ2位。岡田は最多勝のタイトルについて、「まずはチームが勝つことを優先させ、結果的に最多勝が取れればいいなと思う」と話した。

 巨人は阿部が九回に右前打を放ち通算2000安打を達成も2連敗。先発・今村は4回7安打3失点で2敗目。

スポーツナビ 野球情報