ここから本文です

【巨人】内海、阿部を祝福「キャッチャーをやりながらの記録、すごいです」

8/13(日) 21:48配信

スポーツ報知

 巨人の内海哲也投手(35)が13日、阿部慎之助内野手(38)の通算2000本安打達成の瞬間に立ち会い、感動し、祝福の言葉を贈った。

 巨人は、先発ローテに入っている投手が週1回、登板機会のない試合に順番にベンチに入ることが多い。登板順の関係で前日12日の広島戦(マツダ)は畠がベンチ入り。内海は偶然にもこの日が投げる予定のないベンチ入りの日だった。三塁ベンチでナインとともに声を出して応援。9回1死、阿部が右前安打で大記録を達成した瞬間を生で見る機会に恵まれた。

 「感動しました。球場全体の阿部さんコールがすごかった。本当にすごいです。僕がどうこう言えるような存在じゃないですが、おめでとうございます。キャッチャーをやりながらの記録なので、普通の2000本とは違うと思います。すごいです」

 内海にとって、阿部は長年バッテリーを組んだ大先輩。通算128勝のうち、ほとんどの勝利が阿部と組んでつかんだもの。プロ1年目から数え切れないほどの野球論を教わった先輩の偉業に感激していた。

最終更新:8/13(日) 22:49
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報