ここから本文です

【広島】岡田、安定した投球で11勝目…緒方監督「ナイスピッチング」

8/13(日) 22:11配信

スポーツ報知

◆広島4―1巨人(13日・マツダスタジアム)

 広島・岡田明丈投手(23)が、リーグトップの菅野(巨人)に1勝差と迫る11勝目を挙げた。

 初回、先頭の陽岱鋼に中越え三塁打を打たれ、無死三塁のピンチを背負ったが、続くマギー、坂本を連続三振。阿部を二ゴロに打ち取った。

 4―0の6回、連打に失策も絡んで1点を失ったが、6回1失点(自責0)で自身4連勝。突如崩れる悪癖も出ず、安定した投球だった。「そこが一番の課題として取り組んできた。良い結果につながったと思います」と振り返った。

 緒方監督も「岡田はテンポというか、リズムというか、走者を出してもそういうのがばらつかなかった。ナイスピッチング」とたたえた。

最終更新:8/18(金) 15:30
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報