ここから本文です

8月13日の天気 盛夏と涼夏が真っ二つ

8/13(日) 6:41配信

ウェザーニュース

 今日13日(日)も日本付近は気圧配置に変化がありません。
西日本を中心に厳しい暑さが続く一方、北日本は太平洋側を中心に涼しいくらいの体感になりそうです。

▽エリア毎に解説

<沖縄~東海:真夏の太陽が照りつける盛夏>

 各地で夏空が広がり、強い日差しが照りつけます。昼間の気温は35℃前後まで上がる所がほとんど。厳しい暑さが続きますので、熱中症対策は欠かせません。
山陰エリアは雲が優勢で、傘の出番がありそうです。


<関東甲信:暑さ復活、つかの間の洗濯チャンス>

 日差しが戻り、暑さが復活しそうです。関東各地も最高気温は30℃を超え、夏の体感になります。溜まった洗濯物を片付けるチャンスです。
ただ、チャンスはつかの間。午後はニワカ雨や雷雨の心配があるので、洗濯物を干したままの外出は控えてください。


<北陸~北海道:日差し乏しく、太平洋側はヒンヤリ>

 動きの遅い低気圧の影響で曇りや雨の所が多く、すっきりしない天気が続きます。特に東風の影響を受ける太平洋側で雨が降りやすくなります。
東北太平洋沿岸や北海道では気温が上がらず、長袖が必要なくらいのヒンヤリとした体感です。

ウェザーニュース