ここから本文です

九州・週間天気 火曜日は東シナ海側を中心に大雨に注意

8/13(日) 18:36配信

ウェザーニュース

 九州ではこの先一週間は雲が多く、週前半は低気圧を伴った前線が接近・通過。特に15日(火)は東シナ海側を中心に大雨となる恐れがあります。

◆大雨に警戒

▽14日12時~15日24時の降水量(13日18時時点)
・総雨量  200mm
・時間雨量 80mm
※いずれも多い所・最悪の値

 九州北部豪雨で災害が発生した福岡県朝倉市や大分県日田市では、新たな災害の発生や、これまでに起こった災害の拡大に警戒が必要です。急な斜面や崖、増水した河川には近づかないでください。また、明るいうちに複数人数で避難するようにしてください。

 そのほかのエリアでも道路冠水や土砂災害、河川の増水・氾濫の恐れがあります。側溝の掃除など雨への備えは早めに済ませてください。

◆熱中症や食中毒にも注意
 日差しが届かない分、厳しい暑さは和らぎます。ただ、ムシムシした暑さは続くため、熱中症や食中毒に注意が必要です。

◆週後半は汗ばむ暑さと雷雨に注意
 週後半になると汗ばむ暑さが戻ります。屋内外問わず、こまめな水分や塩分補給など熱中症対策は万全に。また、午後は急な雷雨に注意が必要です。

ウェザーニュース