ここから本文です

激やせでイケメンぶりも復活!『プリズン・ブレイク』ウェントワース・ミラーが撮影秘話を告白!

8/13(日) 12:02配信

dmenu映画

米FOXで2005年8月29日に放送を開始したタイムリミット・サスペンス『プリズン・ブレイク』。脱獄、逃亡、反撃の物語と、シーズンごとに大きな流れはあるが、シリーズを通した最大のテーマは愛。兄弟愛、家族愛、友人や恋人に対する愛といった普遍的なテーマが、『プリズン・ブレイク』がほかの脱獄モノと一線を画し、万人を魅了する理由なのだ。

シーズン4から約8年の時を経たシーズン5では、冒頭からマイケルとリンカーンのスコフィールド兄弟が固い絆を試される事態に陥る。やむを得ない理由で死を偽装したマイケルと、彼が死んだ喪失感で薬物を運ぶチンピラに成り下がっていたリンカーン。ふたりが再会し、協力し合うことで、次第に兄弟愛と正義感を取り戻していく。壮大な脱獄劇はもちろんのこと、個性豊かな登場人物たちが繰り広げる愛の物語にシビれること間違いなしだ。

筆者は、『プリズン・ブレイク』シーズン5の撮影が終了間近のカナダ、バンクーバーの撮影現場で、マイケル・スコフィールド役のウェントワース・ミラーを直撃。シーズン4の撮影前後はストレスに苦しみ、甘いものが手放せない彼だったが、現在は心の平安を取り戻し、シリーズ当初のスリムな体型を取り戻した。45歳を迎えて、一般的には中年と呼ばれる年齢となったが、全く老いを感じさせない。タイトな撮影スケジュールの合間を縫って、ブラックコーヒー片手に取材部屋へ立ち寄ってくれた彼にお話を伺った。

Q:シリーズ復活のいきさつについて教えてください。

僕自身もシリーズが復活するとは思っていなかったから、嬉しい驚きだったよ。でも起こるべくして起こった、という感じなんだ。リンカーン役のドミニク・パーセルと僕は、『プリズン・ブレイク』の最後の撮影が終わった後、5年ほど会っていなかった。そんな僕らが『The Flash/フラッシュ』の撮影現場で再会したんだ。もちろん、役どころは『プリズン・ブレイク』とは、全く違うものだったけどね。その再会を機に2人で話し合ったんだよ。語るべきストーリーがあるとしたら、どんなものになるだろう?って。そして、僕らの方から、FOXに話を持ちかけたんだ。すると、FOXも僕らと同じようなことを考えていたんだ。話は自然とまとまっていったよ。

1/3ページ

最終更新:8/13(日) 12:02
dmenu映画