ここから本文です

オードリー・ヘプバーンが住んでいた豪邸を拝見

8/13(日) 20:50配信

ELLE ONLINE

オードリー・ヘプバーンのファンにとってエキサイティングなニュースが続いている。彼女の洋服や写真が9月にオークションへ出品されると発表されたが、今度はオードリーが住んでいたLAの邸宅が1400万ドル(約16億円)で売り出されているという。往年のハリウッドスターが最高にグラマラスなパーティを開いていたであろう邸宅のインテリアをUS版『エル・デコ』からお届け。

【写真】オードリー・ヘプバーンが愛した豪邸インテリア

名だたるセレブリティが住み継いだヴィンテージハウス

約650平方メートルほどあるこの邸宅は、1938年に建築家のポール・ウィリアムズによってデザインされた。この邸宅を所有していたのはオードリーだけでなく、ほかにミア・ファローやエヴァ・ガボール、デヴィッド・ニーヴンなどのセレブリティがこれまで住んでおり、公式には“エヴァ・ガボール・エステート”と呼ばれている。邸宅があるのは、LAの高級住宅地ホームビー・ヒルズ。早速この豪邸を覗き見してみよう。

ベッドルームが6室、バスルームが5カ所、テニスコートやゲストハウスも!

これだけの名だたるセレブリティが住んでいたというのだから、この上なく豪華な邸宅であることに間違いないはず。ゲートに囲まれた住居には、ベッドルームが6室、それにトイレ兼バスルームが5カ所、トイレが1カ所ある。さらに、テニスコートやゲストハウスがあるほか、手入れの施された1.1エーカーほどの広大な庭園と芝生が広がっている。住居の外も中も十分にゆとりのある空間で、往年のハリウッドスターたちがグラマラスなパーティのために集っていたことが容易に想像できる。

広々とした玄関

邸宅の中に入ると、広々としたトラディショナルな玄関スペースがあり、暖炉や本棚が備え付けられたリビングルームとファミリールームに続いている。

ユニークなブレックファースト・ルームも!

豪華で十分なスペースのあるダイニングルームや、ユニークなブレックファースト・ルーム、設備の整ったキッチンもあり、ディナーパーティーにもってこいの環境。

お手伝いさんの住まいやオフィスも!

メインの住居には、広さのあるベッドルームが4室ある一方で、ゲストハウスには、65平方メートルほどのスペースに加え、お手伝いさんの住まいやオフィスとして使える90平方メートルほどのスペースもあるという。

Translation & Text:Yo Douglas

※この記事は、海外のサイト US版『エル・デコ』で掲載されたものの翻訳版です。

最終更新:8/13(日) 20:50
ELLE ONLINE