ここから本文です

ミカエル・アレシン、シュミット・ピーターソン離脱決定。SMPレーシングのLMP1プログラムに集中/インディカー

8/13(日) 11:33配信

motorsport.com 日本版

 シュミット・ピーターソン・モータースポーツで今季これまでシーズンを戦ってきたミカエル・アレシンは、インディカーを離れることになったようだ。

【写真】SMPレーシングでル・マン24時間レースに参加していたミカエル・アレシン

 アレシンはSMPレーシングからル・マン24時間レースに参戦した後、ビザの問題でアメリカ入国が遅れ、ロード・アメリカのフリープラクティスに間に合わなかったため、チームは代役を立てる必要があった。トロントのレースでは、アレシンに代わってセバスチャン・サベードラが出場した。

 しかしながら、その次のミッド・オハイオには出場し、14位でフィニッシュしている。彼の今季これまでのベストリザルトは、デトロイトのレース1での6位だった。

 アレシンはインディカーを離れ、SMPレーシングがBRエンジニアリングと組んで2018年の世界耐久選手権(WEC)LMP1クラス参戦を目指しているプロジェクトに集中するという。

 シュミット・ピーターソン・モータースポーツが出した公式リリースでは「ロシアのSMPレーシング・プログラムのドライバーであるミカエル・アレシンは、残りの2017年ベライゾン・インディカー・シリーズでチームの7号車ホンダに戻ることはないだろう」とのことだ。

「シュミット・ピーターソン・モータースポーツとSMPレーシングは、アレシンが新しいBR1 LMP1カーの設計と開発に専念することに相互合意した」

「アレシンは、新しいLMP1プロトタイプマシンであるBR1に関わる重要なSMPレーシングのドライバーであり、近いうちに最初のテストセッションの準備が整うだろう。ダラーラと協力して、ロシアのBRエンジニアリングが設計したSMPレーシングのBR1は、2018年のWECでデビューすることになる」

「現時点では、シュミット・ピーターソン・モータースポーツからこれ以上のインタビューやコメントはない」

 この発表は、ポコノでのレースのわずか10日前に発表された。昨年、アレシンはポコノでポールポジションを獲得し、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)についで2位を獲得するという、2年半のインディカー参戦の中でもっとも好成績だったのだ。

 アレシンの代わりにシートに座るのは、トロントでも代役を務めたサベードラが有力だ。もうひとつの可能性としては、オリオール・セルビアがあげられる。セルビアは、シュミット・ピーターソンが担当するホンダエンジンを搭載したマシンで、2018年のインディカー・エアロキットをテストしていた。

David Malsher