ここから本文です

マツダ「ユーノス・ロードスター」 不遇のアウトサイダーが自動車文化の担い手へ

8/13(日) 11:10配信

乗りものニュース

「ユーノス・ロードスター」が誕生した時代とは

 累計生産台数100万台を突破し、「世界一売れたふたり乗りスポーツカー」のギネス記録を現在も更新中である、マツダを代表するスポーツカーが「ロードスター」です。世界が認める名車の1台と呼んでもいいでしょう。その初代モデルは1989(平成元)年に「ユーノス・ロードスター」の名称でデビューしました。

【写真】「ユーノス・ロードスター」のインテリア

 ところが、その開発初期、マツダ社内が「ユーノス・ロードスター」にかける期待は非常に小さなものでした。今の「ロードスター」の成功は、誰も予想していなかったのです。

 それも当然のことでしょう。1980年代はバブルに向かう好景気時代で、マツダは販売5チャンネルという夢に向かって疾走していました。「マツダ店」「アンフィニ店」「ユーノス店」「オートザム店」「オートラマ店」という5種類の販売チャンネルを構築しようという構想です。そのために、それぞれの販売店用のクルマを開発しなければなりません。数のさばけないスポーツカーの開発よりも、そちらの方が会社としては重要です。

 また、「ユーノス・ロードスター」はスポーツカーでいえば「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」。文字通りに軽くて、小さなふたり乗りのオープンカーで、1960年代の英国で大きく花開いたジャンルです。あまり速くないけれど、小さくて安い。そして「運転すると楽しい!」というのが特徴です。

 ところが、1980年代は「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」にとって冬の時代。クルマの性能が高まるほどに、ユーザは、もっとパワフルに、もっとゴージャスにという傾向が強くなりました。また、オープンカーはクルマが転倒したときに危険というイメージもありました。

生まれは「リバーサイドホテル」

 日本でも1980年代の後半は、高性能スポーツカーの時代。「ユーノス・ロードスター」と同時期にデビューしたのは、当時の自主規制値いっぱいの280馬力を謳う日産「スカイラインGT-R」やホンダの「NSX」でした。そういう時代の空気もあって、「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」は、ほとんど絶滅状態だったのです。

 つまり、忙しくて手が足りないときに、売れそうもないクルマに開発のリソースは回せないというのが、当時のマツダの状況。開発初期「ユーノス・ロードスター」は、社内ではアウトサイダー的な存在だったのです。

 そのため、「ユーノス・ロードスター」の開発初期は人もお金もなくて苦労したといいます。開発チームの居場所もなく、しかたなくて車庫をオフィスに。川沿いだったので開発メンバーは苦笑交じりで「リバーサイドホテル」と呼んでいました。

 しかし、そんな逆境を乗り越えて「ユーノス・ロードスター」は1989年に誕生します。開発陣の熱意のたまものでしょう。その熱意のおかげで、「ユーノス・ロードスター」は素晴らしいクルマとなりました。

 1960年代の名車であるロータス「エラン」を彷彿とさせる、可愛らしいデザイン。それでいて200万円前後という若者も手が届く価格。そして、「ライトウェイト2シーターオープンスポーツ」らしく、あまり速くないけれど、走らせると抜群に楽しかったのです。予約するために徹夜でディーラーにお客が並ぶほどの大ヒットとなりました。

1/2ページ