ここから本文です

リリー・コリンズも!? 摂食障害を乗り越えて強くなったセレブ

8/13(日) 21:50配信

ELLE ONLINE

ブルース・ウィリス&デミ・ムーアの娘、タルーラ・ウィリスが最近、アルコール依存症と摂食障害と闘っていることを告白。犬も歩けば当たると言ってもいいくらいセレブにつきものの摂食障害? そこで彼女と同じ経験をし、タフになったセレブをあらためてフィーチャー。

スターだって悩んでいる。精神疾患を告白した26人のセレブ

タルーラ・ウィリス

ブルース・ウィリス&デミ・ムーアを両親に持ちながら、あまり目立たない存在だった三女タルーラ。そんな彼女が7月にインスタグラムに3年前の写真を投稿し、「3年前の私は栄養失調のサヤエンドウでした」から始まる文章で、心の奥の痛みを隠すためにアルコール&薬物に逃避したことや、3年間それらを絶っていることを告白。姉妹のなかでももっとも美しかったにもかかわらずタルーラはなぜか思春期には「私ってブス」と思い込む身体醜形障害と診断され、拒食症に!? 高校時代には未成年なのに飲酒運転で逮捕されたことも。しかし20歳のときに自らリハビリ施設入りしたことで目が覚めたもよう。最近は心の歪みをカンバスにぶつける画家として活動していて、この1月にロサンゼルスのギャラリーで開いた初個展では1時間で全作品を売り切ったばかり。自分の心の声に耳を傾けることができて、よかったね。

トローヤン・ベリサリオ

人気ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ(以下PLL)」で運動神経抜群で頭もいい、ほぼ完璧な少女スペンサーを演じているトローヤンも摂食障害を乗り越えたひとり。彼女はなぜか幼い頃から「誰も私を愛してくれない。私はとても孤独」と思い込んでいて、高校時代に摂食障害を発症。名門、南カリフォルニア大学進学後にいったん収まったものの、「PLL」でティーンに注目された頃に再び拒食症に! ティーン向け雑誌に摂食障害を闘っていると告白し、共演者であるルーシー・ヘイルやアシュリー・ベンソンといった華奢な美人女優と自分を比べてしまったのが原因と、きっちり自己分析していた点はやはり知的なトローヤンらしいけど……。摂食障害を招いた心理や乗り越えるまでの体験を脚本にし、主演も脚本も務めた『Feed(原題)』の製作で完全に克服したはず。

1/2ページ

最終更新:8/13(日) 21:50
ELLE ONLINE