ここから本文です

杉浦太陽、MC芹澤優に安心感 「蝶野正洋さんは勝手にお菓子食べ始めちゃう(笑)」

8/13(日) 9:01配信

AbemaTIMES

 若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)が、『原宿アベニュー』『けやき坂アベニュー』として土日放送にリニューアル。今回MCとして加わったのは、声優・アイドルの芹澤優。パパコメンテーターとして、杉浦太陽の続投も決定した。第2週の放送を終えたばかりのこの日、『アベニュー』への意気込みやお互いの印象について、2人に対談形式で語り合ってもらった。

――第2週は芹澤さんがMC、杉浦さんがコメンテーターとして出演されました。振り返ってみていかがでしたか?

杉浦太陽(以下、杉浦):初めてだったけど、しっかりMCしてたね。

芹澤優(以下、芹澤):キャスターとかMCは初めてなので、これから成長していけたらと思っています!

杉浦:おー、じゃあいい経験になるね。MCの話をもらってどうだった?番組の顔だよ。

芹澤:そうなんですよ!ホームページとか一番でっかい写真で(笑)。お話もらった時は嬉しかったですねー。以前はゲストで2回出たことがあるだけだったので、本当にありがたいなと思いました。でも、2時間の生放送というのが心配で。前にラジオでカットされて「あっ、それ言っちゃダメだったんだ」って気付いて(笑)。

杉浦:あー、放送禁止用語とか、失礼があったりとかね。

――そんな経験があると、生放送ではより慎重になったり、守りに入ったりしてしまいますか?

芹澤:1週目はめっちゃ守りに入って、借りてきた猫みたいってファンの方に言われました。終わった後、大反省会でしたね。ニュースを紹介する時も、あんまりバカみたいなこと言ってもダメだし、22歳だし……。

杉浦:でも若者目線の発想で始まっているから、ある意味、固くなりすぎなくてもいいのかなって思うけど。おじいちゃん、おばあちゃんは「その言葉遣いは……」って思うかもしれないけど、Abemaだから「わかるわかるー」って若者が乗っかってきてくれる。そうすると僕らのいる意味が生まれる。

芹澤:型にはまりすぎず、感じたことをもっと言えるようになっていけたらいいですね。(アナウンサーの)池谷麻依さんはゆるカワって感じで、そこも違う雰囲気。

杉浦:ニュース番組プラス若者の知りたい情報番組という面もあるから。はっちゃけながらニュースもやれば、若い子が見やすいと思う。

1/4ページ

最終更新:8/13(日) 9:01
AbemaTIMES