ここから本文です

人生で一番大きな後悔は何ですか?

8/13(日) 21:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

後の祭りとはよく言うが、人間、過去を振り返って後悔することが多い。
すべての出来事は理由があって起こり、後悔をすることに意味はないという信条を持った人たちもいる。
しかし、わたしたちは人生を振り返ると、「あの時もっと違う行動をしておけば……」と、過去を引きずることが多くある。「もし……」という収まらない疑問が、頭の中で繰り返し浮かんでくる。
「メロドラマのように聞こえるかもしれませんが、どれだけ幸せであろうと、わたしぐらいの年齢になれば後悔は数え切れないほどあります」
Quoraのユーザー、ガリー・ティール(Gary Teal)氏はそう語る。
「記憶から完全に消し去ることはできない数十年分の小さなミスや、人生を困難にしてしまった大きな失敗などが挙げられます」
Mind Hacksのヴォーン・ベル(Vaughn Bell)氏は、人の後悔には2通りあると指摘する。やらなければよかったと思うことと、やっておけばよかったと思うことだ。
「この2つの違いは、基本的に心理的なものです。なぜなら、同じ後悔をいずれかの方法で表現できるからです。たとえば、学校を中退した時の後悔を以下の2通りで表すことができます。行動を起こしたことを後悔する場合は『学校を中退しなければよかった』、また行動を起こさなかった場合は『学校に通い続ければよかった』。どちらも実質的には同じことなのですが、行動を起こしたことに対する後悔の念は、行動を起こさなかったことに対する後悔よりも一般的で、より強いものです。しかし、行動を起こさなかったことに対する後悔の念は、長く続く傾向にあります」
Quoraユーザーのブラッドリー・ヴォイテク(Bradley Voytek)氏は、典型的なアメリカ人の後悔についての全米調査が、「13のよく見られる後悔」を発見したと指摘する。それらは、恋愛、家族、教育、キャリア、お金、子育て、健康、その他、友人、スピリチュアリティー、コミュニティー、娯楽、そして自分自身だった。
Quoraユーザーによって年代順にまとめられた、以下のもっとも一般的な後悔をチェックしてほしい(回答は明確にするため編集している)。

【画像】人生を振り返ると「あの時、違う行動をしておけば……」という後悔が浮かんでくる。

1/7ページ

最終更新:8/13(日) 21:00
BUSINESS INSIDER JAPAN