ここから本文です

“オバケつき”の“訳アリ物件”を紹介されて困惑の芸人

8/13(日) 1:40配信

ニッポン放送「しゃベル」

ラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』で、三四郎・小宮が相方の相田に物件を提案するコーナー「小宮不動産」で“お化けつき”の部屋が紹介された。

番組がはじまると、学生時代の夏休みの思い出話で盛り上がり「夏休みを取りたい。休みはずっとゆっくりしたい、本当に」と、まとまった休暇を欲しがる小宮。すると、相田は「オーストラリアに行きたい」と突然テンション高く、海外旅行へ行きたいと熱弁を始める。長期休暇はゆっくり過ごしたい、と先に言っているし、前回の放送でもコンビ二人でお祭りへ行って、花火で遊ぶ約束をしていたことから、小宮は冷めきった様子。

そんな空気はお構いなしに、「めちゃくちゃテンション上がるよ!コアラ、エアーズロック、海もあるからスキューバダイビングも、何でもできるよ!」とオーストラリアの魅力を語ると、「そんな凄いなら行きたい」と、早くも相田のトークに流されてしまう。そして、二人でオーストラリアへ行き、“エアーズロックで今後の目標を叫ぶ”ということで話がまとまった。

ところがそのすぐ後、『何で毎週のように、30代のおっさん2人の遊びの計画を聞かせられなきゃいけないんですか?聞くのしんどいです』と、2週に渡って三四郎の遊ぶ予定を聞かされたリスナーから、もっともな意見が届くが、相田は「出禁です」と一言。「この意見は、リスナーみんなの意見」と小宮が言って聞かせたが、「これが最後のメールだ。ラジオくらい好き勝手やらせてくれよ!俺たちの場所なんだから!」と、訴えかけた。

番組後半では、一人暮らしを検討する相田に、オススメの物件を紹介するコーナ『小宮不動産』で、全国のリスナーから情報が寄せられ、小宮が仲介業者として提案した。これまでに、「セキュリティシステムにレーザートラップ完備」「地下室に“伝説”アリ」「下半身認識システム完備」と人知を超えた物件ばかりが上がっているが、この日も訳あり物件が届いた。

小宮:最寄駅は神楽坂。

相田:お~オシャレ~

小宮:駅から徒歩6分、風呂・トイレ別

相田:うん、いいね

小宮:間取りが1LDKW

相田:・・・W?

小宮:Wは、ワインセラーのこと

相田:お~?いいじゃんいいじゃん

小宮:近所にはコンビニのほか、本格的な輸入ワインの居酒屋あり。ワインの購入だけもできます。お隣は大手ピザ屋

相田:最高じゃん

小宮:部屋には、“イタリアンお化け”あり

相田:ちょっ!?まってまって(笑)

小宮:これはもう、内見に行きましょうか~?

相田:“イタリアンお化け”、とは?(笑)霊的なものですよね?

小宮:正解です

相田:正解です、じゃないですよ。怖いよ

小宮:あ、けっこう霊感が強いタイプですか?

相田:ワインの居酒屋とかピザ屋なんかがあるから、イタリアンお化けが住みつくんじゃないの

小宮:いや、そうじゃないんですよ。真実をいうと、元々はワインの居酒屋とか、部屋にワインセラーもなかったんですよ。でも、イタリアンお化けが住みついちゃったからこそ、イタリアの食べ物がないと暴れちゃって・・・。ご機嫌をとるために、ワインセラーとかピザ屋を立ち上げたので、“お化けに寄せた”というかたちです。お化けを押さえつけるためなんです

相田:怖すぎるって・・・なあ(笑)そのワインのお店と、ピザ屋がなくなったらどうなるの?

小宮:怖いでしょ?僕も怖い思いをしているんです。だからちょっと救ってください

相田:住んでいたんですか?

小宮:あなたをお待ちしていたんです!イタリアンお化けに、みんな悩まされているんです

相田:おれに頼むな!

小宮:救ってください!この村を!!

相田:村じゃねーだろ、神楽坂だろ(笑)

残念ながら小宮の願いは届かず、この日も“契約“に至らなかったため、引き続き番組では物件情報を募集しているという。

ニッポン放送