ここから本文です

人気若手俳優がお互いをべた褒め!?「みずみずしい唇が好き」

8/13(日) 1:50配信

ニッポン放送「しゃベル」

8月7日(月)、Webラジオ『オールナイトニッポンi 荒牧慶彦×松田凌のおしゃべや』の第1回が配信され、2人のまったりとした落ち着いたトークが展開された。

冒頭、いきなり“おしゃべやの問題児”として紹介された荒牧。実は、7月10日に行われた発表記者会見の際、荒牧が体調不良により途中退席となってしまうという事態が起きた。やむを得ない事情だったが、たくさんの人に心配を掛けてしまったということで、荒牧は改めて自分の言葉で状況を報告。もうすっかり元気になったとのことで、いつも通りの明るい声を届けた。

実は、相方の松田も、会場に遅刻してくるというハプニングを起こしていた。その前日まで舞台に出ていたという松田。無事千秋楽を迎えた安心感で寝入ってしまったのか、6時15分の新幹線に乗る予定だったはずが、起きた時点で既に8時だったそう。慌てた松田は新幹線を諦めて飛行機に飛び乗り、なんと記者会見の3分前に、ギリギリ会場に到着した。これに対し松田も「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と自ら報告。問題児と呼ばれても仕方ないと振り返った2人は、「問題児から風雲児へと進化を遂げたい!」と前向きに意気込みを語った。

タイトルコールをして番組が始まると、まずはどんな番組にしていきたいかについてトーク。荒牧は、「凌と一緒だったらゆるゆるふわふわした番組かな。2人の素を皆さんに見ていただくみたいな」と番組のイメージについて語った。一方の松田は、自身について、関西人ならではのツッコミをするような“辛さ”もあると話し、優しい荒牧と2人で、「刺激もありつつ落ち着きもありつつな番組にしたい」と意気込んだ。

続いて、初回ということで自己紹介。松田は、1991年9月13日生まれの25歳でA型。最近ハマっていることは、人が行かないような美味しいお店を探すことだという。ちなみに、最近食べて美味しかった料理はオムライスで、家の近くのお店で食べたオムライスが最高だったそうだ。

荒牧は、1990年2月5日生まれの27歳でAB型。趣味はドライブとゲーム。役者同士オンラインゲームで繋がっているそうで、リアルでは話したことのないという村田充とも、ゲームではお互い指示を出し合うなど、やり取りをしていることを明かした。最新のゲーム機も揃っており、様々なゲームを挙げたが、ゲームをやらないという松田は、あまりついてこれていない様子だった。

ひと通り自己紹介したあとは、せっかく相方がいるんだからということで、お互いを紹介し合う流れに。“〇〇ってこんなヤツ”というのを、お互いスケッチブックに絵を書いて発表することになった。まずは荒牧が、自分の中の松田のイメージを絵で描いていく。

荒牧の描いた絵を見た松田は、なんだこれ?と、荒牧の残念な画力に困惑した様子。荒牧は自分の描いた絵について「イケメンを眉毛で表現した」「目が左右に別れているのは視野の広さを現している」と説明した。

松田が舞台『K』で座長としてやっていたとき、困っている人はいないかと隅から隅まで見渡しケアをしていたそうで、多くの人へ気配りができる、そういった視野の広さを持っていると、荒牧は話した。それを聞いた松田は、「めちゃくちゃいいこと言ってくれてるけど、この絵にそれが隠されているとは誰も思わない(笑)」と、喜びつつもやはり荒牧の絵が気になるようだった。

同様に松田も、自身の中でイメージした荒牧のイラストを作成。松田は絵が上手く、荒牧は思わず拍手を送った。松田の中の荒牧は、中性的な魅力を持っており、中身は男性でありつつも見た目が女性のように美しく可憐な存在だそうで、「唇がみずみずしい」「人を包むような優しい眼差しが好き」とべた褒め。まるで告白のような雰囲気にテレた様子の荒牧は、嬉しそうにしつつも、「凌、俺こんな絵描いちゃってごめんね(笑)」と申し訳なさそうに笑った。

また、番組後半では、食べ物に例えて紹介。相手を連想させる食べ物をスケッチブックに書きつつ、終始お互いを褒め合うトークを展開した。

『おしゃべや』は、7月31日にサービスがスタートした『オールナイトニッポンi』の中の人気番組で、若手人気俳優が毎週2人1組でラジオパーソナリティを務める。計4組が順番に1週ずつ担当していく番組で、2週目となる今回は、荒牧慶彦と松田凌の2人がパーソナリティを務めた。

ニッポン放送

Yahoo!ニュースからのお知らせ