ここから本文です

注目の覆面女性シンガーソングライター、弟に「お姉ちゃん部屋から出るな」と言われたけれど…

8/13(日) 2:00配信

ニッポン放送「しゃベル」

25歳大阪出身の覆面女性シンガーソングライター・コレサワがニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:吉田尚記アナウンサー、アシスタント:松井玲奈)に出演し、人生の楽しみ方について語った。

“覆面”というだけあって、普段メディアに出るときは、れ子ちゃんというクマの巨大な被り物を被っているのだが、この日はラジオだから喋りづらいということで、なにも被らずに登場。一見、その見た目から色物アーティストと思われがちだが、川谷絵音、きゃりーぱみゅぱみゅ、スガシカオなど、数々の大物アーティストが歌詞を絶賛するなど、各方面から話題を集めている。

8月9日のメジャーデビューアルバムにもその独特な歌詞の世界観は存分に発揮されていて、その楽曲は収録曲の『お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな』では実家に帰省した時に2つ下の弟に「お姉ちゃんいないことになってるから、俺の友達が今から来るけど部屋から出るな」と言われたことなど、実体験から曲を作ることが多いと語った。

そして、同じく収録曲である『死ぬこと以外かすり傷』の話をきっかけに、コレサワの人生観の話で盛り上がった。

吉田:コレサワさんの曲の中で『死ぬこと以外かすり傷』っていう歌があって……。

コレサワ:私がめっちゃ好きな言葉を曲にしちゃいましたね。

吉田:これを歌にするってことは、かすり傷だと信じこんでいる?

コレサワ:女の子とかに言いたいんですけど、死ぬこと以外かすり傷なんですよ、舐めたら治るんですよ。

吉田:あははははは(笑)

コレサワ:ツバつけとけ!って思うんですよ。かすり傷いっぱいある方が、大人になって、飲み会とか行った時にめっちゃ楽しいっていうか、話のネタ的に。

吉田:あははははは(笑)

コレサワ:だから負ってほしい!若いうちにたくさん!それは絶対面白くなるからっていうことを伝えたいですね(笑)

吉田:その中の一つが、弟に「お姉ちゃん部屋から出るな」って言われた話ですか?

コレサワ:そういうこともですし、元カレの歌とかも今回のアルバムで結構歌ったりしてるんですけど、失恋したときって、ほんまに死にたくなってたんですよ。でも、それがネタになって、曲になって、お金になるっていう(笑)

吉田:あははははは(笑)

コレサワ:どうせなら辛いこともね、そういうことに変えられたら楽しく生きられるかなって。だからなるべく歌にしていきたいです。

元カレとの修羅場など、数々の“かすり傷”もネタとして楽曲にし、吐き出してしまうというコレサワ。彼女のこれからの新しい”ネタ”に注目だ。

(8月7日(月)深夜放送 ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』より)

ニッポン放送