ここから本文です

男子単決勝は島袋(2年)と三好(4年)の早大対決に [インカレテニス]

8/13(日) 22:54配信

THE TENNIS DAILY

「平成29年度全日本学生テニス選手権大会(男子85回/女子61回)」(岐阜県・岐阜メモリアルセンター/予選8月3~5日、本戦8月7~14日/ハードコート)の本戦7日目、8月13日は男女シングルスと男女ダブルスの準決勝が行われ、シングルス、ダブルスともに決勝進出者が決まった。

女子は清水(早稲田大1年)と江代(慶應義塾大4年)が決勝進出 [インカレ]

     ◇   ◇   ◇

 男子シングルスのベスト4を独占した早稲田大。まず先に決勝に進んだのは、第2シードの島袋将(2年)だった。予選から勝ち上がってきた千頭昇平(1年)に6-2 6-4のストレート勝利。「プレーにメリハリをつけて、自分のペースで戦うことができた」と会心の勝利だった。

「今、一番乗っている選手」と千頭を警戒していた島袋。最初のサービスゲームを落として0-2とリードを許すが、そこから一気の6ゲーム連取で第1セットを先取した。「サービスを軸に自分のフォアを信じて戦った」。前日の準々決勝は力んでミスが出た。その反省を生かし、千頭のプレーを封じ込んだ。

 千頭は「相手の球の勢いに押され、自分のペースに持ち込めなかった」と口にした。随所に千頭らしい躍動感あふれるプレーを見せ、第2セットは2-5から4-5まで追い上げたが、追いつくことはできなかった。

 予選からの快進撃はついにストップ。決勝に進めなかった悔しさは残るが、2年前の冬に左膝の手術を受け、長く苦しんだリハビリ生活を思えば十分な結果だろう。「勝ち負けより、テニスができることが幸せです」という言葉で、初めてのインカレを終えた。

 もう一方の準決勝、第5シードの三好健太(4年)と第8シードの高村佑樹(2年)の早大対決は、三好が7-5 6-1のストレート勝利を飾った。「落ち着いてラリーして、チャンスを待った」と三好。力強いプレーでポイントを重ね、先輩の意地を見せつけた。

 昨年末のインカレ室内はともにベスト4。同じ早稲田大、手の内はお互い知り尽くしている。三好は意識的にペースを落とし、高村のミスを誘った。第1セットは思惑通りに7-5で先取。高村の集中力が落ちた第2セット中盤からは、一気に攻め立て決着をつけた。

 高村は試合中に左太ももの痛みを覚え、それがサービスに大きく影響してしまった。得意のストロークでも押され、「体力負けです。(三好は)ディフェンスもうまく、攻めきれなかった」と敗因を語った。

「あまり練習ができていない中、ここまでこれたのはよかったです」と高村が言う。インカレ室内に続いて4強の壁は越えられなかったが、「ここから上に行くためには、早い展開を身につけなければ」と課題も見えたようだ。

 明日の決勝は、2年と4年、島袋と三好の対決となった。島袋はここまでオールストレートの盤石な勝ち上がり。「(三好は)最後のインカレで優勝したいはず。その気持ちに負けないように戦う」と島袋。三好は「あとひとつ。最後なので思いきって戦いたい」と決勝への抱負を語った。

 ダブルス決勝は、第1シードの逸崎凱人/畠山成冴(慶応義塾大3年/3年)と予選から勝ち上がった河野優平/坂井勇仁(早稲田大4年/3年)が、ともにスーパータイブレークの激戦を制して決勝に進んだ。

 明日の大会第8日/最終日は、男女シングルス決勝が10時からスタートし、そのあとに男女ダブルス決勝が行われる予定。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

最終更新:8/13(日) 22:54
THE TENNIS DAILY