ここから本文です

ドルトムントがデンベレへの処分を決定…チームトレーニングへの参加を認めず

8/13(日) 20:06配信

SOCCER KING

 ボルシア・ドルトムントに所属しているフランス代表MFウスマン・デンベレが、新たな告示がなされるまでチームトレーニングから外されることが決定した。ドルトムントが公式サイトで声明を出している。

 この声明によると、デンベレに対するこの対応は、土曜日の夜に行われたカップ戦を勝利で飾った後にハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)、そしてピーター・ボス監督の三者の間で行われた相互の決定とのこと。ツォルクSDは「我々は来週末に行われるヴォルフルブルクとの開幕戦に焦点を当てているんだ。デンベレは常にグループ内で個別のトレーニングを受けることはできる」と語っており、チーム内にこれ以上の混乱が広がるのを防ぐ狙いがあるとみられる。

 バルセロナへの移籍の噂が絶えないデンベレは、10日に行われたトレーニングを無断欠席し音信不通の状態になるという騒動を巻き起こしていた。その際にツォルクSDは「デンベレは妥当な理由なしにトレーニングを欠席した。もちろん、クラブはこの不適切な行動に処分を科す」というコメントを残している。

 近日中にクラブからデンベレの去就に関する発表があるとする報道も存在するが、同選手の移籍騒動はどのような形で決着を見せるのだろうか。声明の最後は「ボルシア・ドルトムントは、この声明を除いて当問題に関してはこれ以上のコメントを行いません」という一文で締めくくられている。

SOCCER KING

最終更新:8/13(日) 20:06
SOCCER KING