ここから本文です

待ちわびた等々力での一撃…川崎を「もっと怖いチーム」に変貌させる家長昭博の存在

8/13(日) 23:42配信

SOCCER KING

 待ちに待った瞬間だった。13日、川崎フロンターレは2017明治安田生命J1リーグ第22節で鹿島アントラーズと対戦。今年、大宮アルディージャから川崎に加入したMF家長昭博が、待望の今季リーグ戦初ゴールを決めた。

【動画】今季のJリーグは「ロングシュート」がすごい!

 2点リードで迎えた72分、試合を決定付けた。FW小林悠とのワンツーから右サイドを駆け上がると、「(ボールを)もらった時からイメージはしていた」とドリブルで切り込んで左足を一閃。得点後はチームメイトにもみくちゃにされた。

「仲間がいて、自分がいると思います。仲間が点を決めたことはうれしいですし、自分が決めて周りが喜んでくれることはありがたいことなので、感謝したい」

 この日のピッチには、前線から積極的にボールを追いかける家長がいた。「僕は等々力競技場での先発が初めてだった。試合に出たいですし、もっと長い時間使ってほしい。モヤモヤとした気持ちはずっと持っていたので、そういうものは出したかった」。そんな献身的なプレーを、後ろから守備を支えたDF奈良竜樹は「チームとしてアキさんのゴールを待っていたし、ゴール以外のプレーがプレーが本当に凄まじかった」と振り返る。

 家長は開幕戦で先発したものの、その後はケガの影響もあって、思うように出場機会を得ることができないでいた。奈良は「(ゴールを欲しがるような)素振りは見せなかった」というが、やはり本人は「焦りを持っていた」と話す。ようやく生まれた加入後リーグ戦初ゴール。FW阿部浩之が「アキくんが勢いに乗ってくれば、もっともっと怖いチームになる」と語るように、鹿島戦をきっかけにゴールを量産できれば、背番号41は相手の脅威となるだろう。「一つずつ勝っていくしかないと思う。やっぱり最後は上に立ちたいので、上位のチームに離されないようにしっかり付いていって、12月に1番上に立てるようにやりたいです」。家長昭博が後半戦での巻き返しを図る。

SOCCER KING

最終更新:8/13(日) 23:42
SOCCER KING