ここから本文です

仙台がMF奥埜弾で“負のジンクス”断ち切る! 広島は残留圏が遠のく3戦ぶり黒星

8/13(日) 21:25配信

ゲキサカ

[8.13 J1第22節 仙台1-0広島 ユアスタ]

 13位のベガルタ仙台がホームで降格圏内17位のサンフレッチェ広島に1-0で勝利した。リーグ戦8試合ぶりの白星を挙げるとともに、“苦手”の対広島戦でも7試合ぶりの勝利。敗れた広島は3試合ぶりの黒星となり、残留圏内の15位札幌との勝ち点差が5に広がった。

 仙台は前節・磐田戦(0-0)から先発5人をチェンジ。DF古林将太、DF椎橋慧也、MF奥埜博亮、FW石原直樹、FW西村拓真がいずれも2試合ぶりのスタメン復帰となった。対する広島は前節・G大阪戦(2-2)から2人を入れ替え。MFフェリペ・シウバと累積警告のMF青山敏弘に代わり、MF森島司が4試合ぶり、MF柴崎晃誠が2試合ぶりにスタートから起用された。

 広島は仙台とのリーグ戦直近6試合負けなし(5勝1分)で、敵地では2連勝中。相性の良さを生かし、今回も優勢にゲームを進める。この試合がJ1通算100試合目のFWパトリックにボールを集めると、前半8分にMFアンデルソン・ロペスのパスからパトリックが右足でシュート。しかし、GKシュミット・ダニエルにセーブされ、同12分に柴崎の右CKからパトリックが放ったヘディングも枠をとらえられなかった。

 スコアレスで後半を迎えると、開始6分に仙台が先制に成功する。左サイドでMF中野嘉大からパスをもらった西村が中央に切れ込み、PA手前から右足で強烈な一撃。GK中林洋次に弾かれたボールがゴールへ向かい、体勢を立て直した中林に再度かき出されるが、詰めていた奥埜が左足で余裕を持って流し込んだ。

 奥埜は3月18日の第4節・柏戦(1-0)以来18試合ぶりとなるゴールで今季3得点目。仙台の選手たちは今月7日に第2子長女が誕生したDF増嶋竜也を祝い、ゆりかごパフォーマンスも披露した。

 先手を取った仙台はその後、前掛かりになる広島の隙を狙って追加点のチャンスをうかがう。後半43分にはロングカウンターからPA内右に持ち運んだ石原が右足でシュートを打つが、GK中林に止められ、古巣への恩返しゴールとはならず。終盤は広島のパワープレーから肝を冷やす場面を迎えたが、無失点に抑えて1-0で逃げ切った。

最終更新:8/13(日) 21:31
ゲキサカ