ここから本文です

勝みなみ予選突破“初賞金”「毎回この計算がある」

8/13(日) 9:39配信

日刊スポーツ

<女子ゴルフ:NEC軽井沢72>◇第2日◇12日◇長野・軽井沢72北C(6655ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

 プロデビュー戦の勝みなみ(19=フリー)が初の賞金ゲットを確実にした。2アンダーの15位で出るとボギーなし、4バーディーの68で回り、通算6アンダー138の5位でプロ初の予選通過を決めた。最終日に失格しなければ初の賞金獲得となる喜びを実感しながら、3位入賞を目標に掲げた。

 最終18番でピン奥2メートルのバーディーパットを決めた後、勝は笑わずにいられなかった。通算6アンダーの5位に浮上。余裕の予選通過を決めると「良かった」と安堵(あんど)の笑み。頭に「¥」マークが浮かんだようで「今、5位なので、まぐれで3位以内として…めっちゃ楽しみです」と賞金額をはじき出した。今大会の3位賞金額は560万円。「(プロは)毎回、この計算があるのですよね。楽しみです」。ニヤニヤが止まらなかった。

 アマチュア時代、1度もアルバイトをしたことがなかったという。ゴルフが多忙な上、高校の校則で禁止され、卒業後も両親や関係者にキャディーやレストランのアルバイトを止められていた。勝は「今までお金を稼いだことがないので、すごく新鮮。好きなことでお金を稼げるのは幸せなこと。ザクザク稼ぐ? そのつもりです」と笑わせた。

 この2日間でボギーは1つのみとプロ初陣とは思えない安定感がある。「ずっとゴルフをやらせてくれた両親や祖父母にすごくお金を使わせてしまったので、恩返ししたい」。貯金通帳に刻まれる金額を少しでも増やすため、貪欲に3位以内を目指す。【藤中栄二】

最終更新:8/13(日) 10:16
日刊スポーツ