ここから本文です

骨折レイエンダは全治半年の見込み 藤沢和師明かす

8/13(日) 13:59配信

日刊スポーツ

 ダービー馬レイデオロの全弟で、骨折が判明したレイエンダ(牡2、藤沢和)は、全治までに約半年かかる見込みとなった。13日、管理する藤沢和師が「骨片がチクチクと当たるような感じなので、手術できれいにしてもらいます。半年ぐらいかかると診断されました」と明かした。

 同馬は7月30日札幌の新馬戦を圧勝。その後、左膝に小さな骨片、右膝にとげ状の骨膜、右前副手根骨の骨折が見つかっていた。

最終更新:8/13(日) 15:59
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ