ここから本文です

中国の習主席、トランプ氏と電話会談 米朝に自制呼び掛け

8/13(日) 11:24配信

CNN.co.jp

北京(CNN) 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は12日、トランプ米大統領と電話で会談し、対立姿勢を強める米国と北朝鮮の双方に自制を呼び掛けた。

中国外務省の発表によると、習氏は会談で、朝鮮半島の緊張を高めるような言動を慎むよう米朝双方に求め、外交の重要性を強調したという。

一方、米ホワイトハウスは会談の内容について、両首脳が「北朝鮮は挑発的行為をやめるべき」「国連安全保障理事会が採択した北朝鮮への制裁決議は重要な一歩」との見解で一致したと発表した。

核ミサイル開発を加速させる北朝鮮に対し、トランプ氏は連日、強い警告を発してきた。11日には「軍事的解決策」の準備が完了しているとツイート。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長があからさまな脅迫や米領グアムなどへの攻撃に出れば「すぐに心から後悔することになる」と警告した。

一方で、平和的解決を自分ほど強く望んでいる者はいないとも述べていた。

トランプ氏の発言に対して、北朝鮮の政府機関紙「民主朝鮮」は12日、トランプ政権が米国の「悲劇的な破滅」を望まないなら「慎重な言動を心がける必要がある」との論評を掲載した。

米国は中国に対し、北朝鮮への影響力を行使するよう再三求め、いらだちを募らせてきた。

米政権高官がCNNに語ったところによると、トランプ氏は習氏との電話会談の中で、米中間の通商問題に言及。中国側による知的財産権侵害などについての調査を14日から開始するよう当局に指示すると伝えた。

最終更新:8/13(日) 11:24
CNN.co.jp