ここから本文です

【速報】松山英樹は涙の敗戦 メジャー初制覇ならず

8/14(月) 7:48配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 最終日(13日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

「全米プロゴルフ選手権」フォトギャラリー

1打差の2位から出た世界ランキング3位の松山英樹は5バーディ、6ボギーの「72」でプレーし、通算5アンダーでホールアウトした。同組のジャスティン・トーマスが通算8アンダーで上がり、日本勢初のメジャー制覇には届かなかった。

松山は敗因について「考えます」と述べ、涙をぬぐった。

最終組の一つ前でティオフ。1番で1mのバーディパット、2番で2mのパーパットを外した。ピン上3mにつけた6番(パー3)、2オンに成功した7番で連続バーディを奪い、首位タイに立った。

その後、単独首位となると、10番(パー5)でバンカーからの3打目を6mオーバーさせたが、これを沈めてバーディ。1.5mのパーパットを外した11番から3連続ボギーをたたき、後退した。

3Wでグリーン手前まで運んだ14番でバーディを奪い返した。15番(パー5)でも3mを沈め、連続バーディとした。しかし、難関の上がり3ホール“グリーンマイル”入り口の16番で2mのパットがカップに蹴られボギーを喫した。18番ではティショットをクリークに打ち込み、ボギーとした。

小平智は通算4オーバーの46位、谷原秀人は通算11オーバーの67位で終えた。