ここから本文です

芸舞妓の妖艶な笑み捉える 京都で写真展

8/14(月) 8:59配信

京都新聞

 京都・先斗町の芸舞妓たちの姿を捉えた写真展が13日、京都市中京区の先斗町歌舞練場で始まった。東京を拠点としてテレビCMや広告写真を舞台に活動するフリーカメラマン清家正信さんの作品23点が展示されている。
 妖艶な笑みを浮かべ、優雅に舞うなどの芸舞妓13人をさまざまな角度から撮影。白金を用いた技法「プラチナプリント」を使った作品や、舞妓から芸妓になる「衿(えり)替え」の様子を伝える作品も並び、訪れた人たちが見入っていた。
 写真展は先斗町の盛り上げに一役買おうとサントリー酒類が昨年に続いて開催した。午後1時~8時半。入場無料。27日までの会期中には、関連企画としてビアホール(午後5時から、有料)も開催されている。

最終更新:8/14(月) 8:59
京都新聞