ここから本文です

G党の中居正広、「1回でも1球でも、捕手・阿部慎之助を見てみたい」

8/14(月) 5:03配信

スポーツ報知

 大のG党で知られる元SMAPの中居正広(44)が13日、巨人の阿部慎之助内野手(38)の2000安打達成を祝福した。

 「ケガとの闘いもあったでしょう。コンディションとの闘いもあったでしょう。またジャイアンツという重圧、プレッシャー、捕手というケガの多いポジションの中での2000安打、本当におめでとうございます」と偉業をたたえた。

 01年に新人で開幕マスクをかぶり、初打席初安打を放ったときから、その姿を見てきた。「細かいところまで毎日毎日拝見させていただいております。結構見てます」。毎年のように、オフには自身の番組などで顔を合わせる。「初安打、今も鮮明に覚えています。あの頃は背中も狭く、10番という背番号も小さく今よりも一回りも二回りも小さかったように思います」と当時を懐かしんだ。

 チームとしても、クライマックスシリーズ進出に向けた戦いが続く。「まだまだ通過点。これからもまだまだシーズンは続きます。諦めない姿勢、姿、取り組みをこれからも見せてください」。個人として抱く思いもある。「一つお願いを申し上げるならば、もちろん、コンディションやチーム事情もあると思いますが、1回でも1球でも、捕手・阿部慎之助を見てみたいものです」と再びマスクをかぶる姿にも期待した。

最終更新:8/14(月) 5:03
スポーツ報知