ここから本文です

マエケン 不完全燃焼の11勝

8/14(月) 11:39配信

東スポWeb

カリフォルニア州ロサンゼルス発】ドジャースの前田健太投手(29)は13日(日本時間14日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、5回1/3を2本塁打を含む4安打4失点(自責点3)、8三振1四球で11勝目(4敗)を挙げた。打者22人に85球投げた。

 初回、先頭打者を右飛に打ち取ったが、2番スパンジェンバーグにカウント2―2から内角フォーシームを右中間席に運ばれ、先制点を失った。さらに三塁手・ターナーの一塁悪送球と安打で一死一、三塁。5番マイヤーズに中犠飛を打たれ、2点目を失った。6番レンフローは空振り三振。

 不安な立ち上がりだったが2回から4回まで三者凡退。MAX151キロのフォーシームで内角を突き、スライダー、カットボールで揺さぶった。

 3回まで走者を一人も出せなかった味方打線が4回に猛攻。死球と安打の無死一、二塁で3番ターナーが逆転の16号3ラン。さらに一死二塁からグランダルが15号2ランを放ち、一挙に5点を挙げた。直後の5回は下位打線を3者連続三振。

 しかし、6回、先頭マーゴーに右前打されるとスパンジェンバーグに左翼席へこの日2本目の被弾。ピレラは三ゴロに仕留めたが、ソラルテを歩かせたところでマウンドに足を運んだロバーツ監督から交代を告げられた。またしても不完全燃焼の登板となった。

最終更新:8/14(月) 11:39
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 6:55